名前はまだ無い。
・・・今後も必要ないかも知れない



無知故に自由である

もし、色々知っていたら、自分の試行錯誤と直感が
実は古代インド哲学と一致しただなんて
素晴らしいハプニングを体験することは出来なかっただろう。

無知故にあらゆる定義や既成事実からも自由である

何か素晴らしい真実の過去の発見や発表とわたしの
発言が一致して、それで盗作だと言われようとも、
それは事実ではないことは自分自身が知っている。

事実私は知らなかったのだから・・・・
にもかかわらず、古代の聖なる英知と合流出来たとしたら
何と素敵なことだろう!!


私自身の意識とは最大の謎だった。

きっとあなたもあなたも、あなたも、やっぱり自分という意識の存在が
最大の謎であり、恐怖であり、未知であり、神秘ではないかなと思う。

そして、わかった

この最大の謎、最大の神秘が、実は全ての解答だったと言うことだ。

それ以外はあり得なかった。

「自明である」と言うことが、最大の謎であり、解答なのだ。
「自明である」と言うことこそが、「無明」への最大の解答だ。

時間をかけては絶対に解明出来ない謎、
それが「私は在る」ということ。

そして、「わたし」とはゼロ次元であると言うこと
それゆえに、私には境界線が存在しない
でもそれは、わたしが全知全能であるという意味ではなく
わたしが、なにひとつ断言出来ない存在であることを意味する。


わたしはあなたが何を考えているか解らない
わたしにはあなたはコントロール出来ない最大の未知だ

わたしはあなたを知らない。

あなたはわたしと境界線なき存在であるのにも関わらず

わたしはあなたを知らない。

わたしにとって、もうひとりのわたし、つまりあなたは最大の神秘

きっと「距離のある1次元世界=汝が居る世界」を私がある日望んだのだろう

それがいつだったのかさえ忘れたが・・・・

きっと「広がりのある二次元世界=我々がいる世界」を、我々自身が
望んだのだろう

きっと「天と地の階層がある三次元以上の世界=あらゆる可能性の我々」が
同時存在しえるスペクタクルな多次元世界を私たちは手分けして創造しはじめた

あなたが私を殺すかも知れない世界。

わたしが時空を超えて誰かと
          出会えるかも知れない、
          解り合えるかも知れない世界。

       この「絶対に夢とは見破れそうにない世界」を
       もう長い間蓄積してきた・・・・

       この多重に重なる夢の世界、官能と苦痛のかくれんぼ世界を
       わたしたちは、今この瞬間も楽しんでいる

我が輩は無知である。
その自覚ゆえに人生は愉快だ。
すべてがアリスのワンダーランドだ。