もしあなたが
「これぞ真理だ」と右(Right:正しいもの)を指させば
遅かれ早かれ
「反対側の真理」左(Left:残されたもの)が報復してくる

だから指さされた正しさ、語られた真理は常に「片手おち」になってしまう
そのことを知っている人は他人を責めないし、自分も批判しない



そんな人の沈黙こそが雄弁に全てを語っているのだ