【海外ドラマ】 スタートレック Star Trek The Next Generation
第130話 「True Q」 (00_28 -00_34_06 )

エンタープライズの研修生として乗船したアマンダは、
自分が万能の宇宙連続体Qである事を知る

人間として生きるか?Qとして生きるか?選択に迫られたアマンダは
Qからその能力の特訓を受ける


「すべてが思い通り」の虚しさ 投稿者 maneel-katal

興味深いのは、「究極の自由」は「究極の不自由」とよく似てくると言うことである
全宇宙のあらゆる存在を思い通りに出来る万能の能力は、虚しさと繋がってくる

なぜ虚しくなるのか?
彼女が好きになったエンタープライズの副長、ライカーとは、
その生きてきた自然なプロセスの中に「彼らしさ」を蓄積しているからこそ魅力的なのだ
それを不自然な強制力で無理矢理「自分に振り向かせ」ても、もうそれは操り人形であって
ライカー本人とは言えないのだ
2017-07-02 (1)

たとえSFドラマらしいQの万能のパワーを想定しなくても、
これは私たちの日常にも言えることだ

不自然な強制力でインチキをして、
存在する者の自然で自由な意思をねじ曲げて自分の意のままにしても虚しい

しかし、
ではなぜ私たち人間は、いまだ ( 科学力などの ) 魔法に憧れるのか?と言えば
「中途半端な自由」の自覚しかなく、その未熟な精神を振り回しているからだ

「虚しさ(為すべき事など何一つない)」
とは究極の成熟なのだ!

                     ・・・そうではないだろうか?

Qもドラマの中で言っているが
「パワーにはそれなりの責任がつきまとう」ものなのだ
それゆえに人間の中途半端な責任感が、
自らの自由を中途半端なものに押しとどめている

Qは、このスタートレックのドラマの第一話でも登場し
「同胞同士で殺し合いしている野蛮な地球人共、さっさと地球に帰れ」と糾弾している

star16_2100637i

人類が今だ無限のエネルギーを手にすることが出来ず
ドラマ・スタートレックのような宇宙時代を迎える事が出来ずに滅び掛かっているのは
「闇の世界政府の陰謀」というよりも、さらにその上位に、
この一点の重大な理由が有るように思えて成らない

2017-07-02