10.Worth 価値
自分の価値を証明しようとして、自分自身を商品におとしめては
いけません。
生の最も偉大な体験は、あなたが〝する〟ことを通してやって
来るのではなく、愛を通して、瞑想を通してやって来ることを
覚えておきましょう。


 老子たちが自分の弟子たちとともに旅をしていた。彼らは、
何百人ものきこりたちが木を切っている森にやってきた。、
森全体が何千もの枝を張っている一本の大きな木を残して、
ほとんど切り倒されていた。

    その木は一万人の人びとが木陰に坐れるほど大きかった。


 老子は自分の弟子たちに、なぜその木は切られていないのか
たずねてくるように言った。彼らは樵たちのところに行ってたずねた。
すると、彼らは言った。

  「この木はまるで役に立たない。枝という枝に節が多すぎて、
   これからはなにも作れない--まっすぐな枝がひとつも
   ないのだ。燃料にすることもできない。煙が目の毒だからね。
   この木はまったくの役立たずだ。だから切らなかった。」

 弟子たちは帰ってきて老子に伝えた。彼は笑って言った。

  「この木のようになるがいい。
   もしお前たちが役に立つようなら、切られてしまい、
   誰かの家の家具になってしまうだろう。
   
   もしお前たちが美しかったら、市場で売られてしまうだろう、
   商品になってしまうだろう。この木のようになるがいい。
   まったくの役立たずに……。
   
   そうなったらお前たちは大きく、広大に成長して、
   何千人もの人びとがお前たちの下に蔭を見いだす
   様になるだろう」


 老子はあなた方とはまったくちがった理論をもっている。
彼は最後の者でいるがいいと言う。

世界のなかをまるで自分がいないかのように動くことだ。

競ってはいけない、自分の価値を証明しようとしてはいけない
--その必要はない。役立たずのままでいて楽しむがいい。


     TAO:THE THREE TREASURES,Vol.1,pp.69-71

 その人がどのように有益かということで私たちは人びと計る。

だが私は、
私たちはなにも役に立つことをしないと言っているのではない--

役に立つことをするがいい。

だが覚えておくことだ。
生とエクスタシーの偉大な体験は
役に立たないことをすることから生じる。
それは詩を通して、絵を描くことを通して、
愛を通して、瞑想を通してやってくる。

 商品におとしめることのできないなにかをする能力があって、
初めて最も偉大な喜びがあなたを押し流す。


報酬は内側にある。

もともと備わっている。それは行いから湧き起こる……。

 だから、自分は役立たずだと感じても心配することはない。

私はあなたの役立たずをも使う。
私はあなたを大きな葉むれのある
巨大な木にするつもりだ。

それに、
役に立つ活動にたずさわっている人びと、
彼らにはときとして木陰で休む必要がある。

 THE WISDOM OF THE SANDS,Vol.2,pp.308-309,311-312