58.Work/Worship
   ワーク/ワーシップ(仕事/礼拝)
 自分の責任を回避してはいけません! 自分がやるワークのなかでは
強烈に生きていきましょう。そして、人間として可能なことなら何でも
やりつづけましょう。それでいて同時に、どのような緊張も創らずに、
欲求不満にならずに、結果にこだわることなく、自分のやっていること
を信頼して祈りにならしめましょう。


 あるマスターが弟子のひとりと旅をしていた。その弟子にはラクダの
面倒を見る役目があった。彼らは夜になって、疲れて隊商宿に着いた。
ラクダを繋ぐのはその弟子の義務だった。彼はそのことを気にせずに、
ラクダを外に放しておいた。

彼はただ神に、「ラクダの面倒を見てください」と祈った。
そして彼は眠り込んだ。


 朝になって、ラクダはいなくなっていた--盗まれたか、さ迷い出たか、
 起こるべきことが起こった。マスターはたずねた。

    「ラクダはどこにいる?」

 すると弟子は言った。
 
   「私は知りません。神に聞いてください。私は
    アラーにラクダの面倒を見てくれるように伝えました。
    私はとても疲れたいたのです。ですから、私はどうなった
    のか知りません。それに、私には責任もありません。
    私はアラーにはっきりと伝えたのですから!それにあなたは、
    『アラーを信頼しなさい』と教えつづけています。
    だから私は信頼しました」

 マスターは言った。
 
   「アラーを信頼するがいい。だが、まず自分のラクダを
    先に繋ぎなさい- アラーはお前の手以外に手をもって
    いないからだ」



 もし神がラクダを繋ぎたければ、誰かの手を使わなければならない-
ほかに神の手はない。

それに、それはあなたのラクダだ!

 いちばんいい、
 もっとも簡単な、
 もっとも手短な方法は、自分の手を使うことだ。

ラクダを繋いで、それからアラーを信頼するがいい。
あなたは自分にできることをなんでもやればいい。
それは、結果を確実にするものではない。保証はない。
だから、あなたは自分にできることをなんでもやるがいい。
その後は、なにが起ころうとも、それを受け容れることだ。

 これがラクダを繋ぐ意味だ。
 自分にできることをなんでもやるがいい。

自分の責任を回避してはいけない。その後は、なにも起こらなくても、
あるいは、なにがうまくゆかなくても、アラーを借頼することだ……。

 アラーを信頼して、怠けていることは、非常に簡単だ。
 アラーを信頼せずに、やり手でいることは、非常に簡単だ。
 人間の三番目のタイプ--
 アラーを信頼して、しかもやり手のままでいることは、むずかしい。

 だが、いまではあなたは楽器にすぎない。神がほんとうのやり手だ。
 あなたは神が手にしている楽器にすぎない。

 人間として可能なことならなんでもやりつづけるが、そのことで
緊張を創らない人が宗教的な人だ。
そのときには、行為はある種の折りだ。
結果はこうあるべきだという欲望はない。
      そうなったら欲求不満はない。

信頼が、あなたが欲求不満にならずにいるのを助けてくれる。
そして、ラクダを繋ぐことが、あなたが活き活きと生きるのを、
強烈に活き活きと在るのを助けてくれる。



        THE WISDOM OF THE SANDS,Vol.1,pp.70-72