それは、「子供」が「母」から巣だった時だろう

生命史上最初の「役割分担」は
私たちの遠い祖先が不老不死を失った時に起きたに違いない

まだ生命に性別がなかった頃
生命は不老不死だった

単純な単細胞がミトコンドリアと結婚し
酸素が増えてきた原始の地球環境での生き残りを図った
生命は多細胞生物へと複雑化していった

でもそれと同時に不老不死を失ってしまった
つまり〝寿命(タイムリミット)の発生〟である
このときから生命体は「時間との闘い」を開始したのだ

「世代交代の始まり」とはまず「親と子」という世代の違いを発生させ
「なるべく安定した安全な環境で子を産み続ける親」と
「新しい環境への適応のために危険を冒して探索する子供達」という
アリやミツバチのような「親を中心として子供達が冒険して帰る」
役割分担を生んだのだ

その時、女王ハチのような親とは
子供達の持って帰った収穫の集積、集約といった
「ホストコンピューター」のような役目であっただろう
この「親子関係」が「メスとオス」との関係に変化していったに違いない

一匹のメスを中心とした母系社会が、「一家」「一族」の単位だったのだ
その「性別は違えど、基本的にはひとつの細胞を基幹とした一族」の結束は
確かな絆だっただろう・・・その当時でも「血は水よりも濃かった」ハズなのだ

しかし、「母との近親相姦を何世代にもわたって続ける危険性」に
やがて私たちの先祖も気が付いたはずなのだ
「血が濃すぎること」は一族の結束の強さとは成るが、
環境への適応力と種の多様化という点では弱点であった・・・

・・・そしてここに〝革命〟が起きたのではないだろうか?
「旅から決死の冒険の帰った個体」が母の元に帰るのではなく
別のメスの元に自分の遺伝情報を伝えに行ったのだ

つまりあるひとつの子(個体、オス)がこの
「母を裏切って別の環境にいる母体とセックスしに」行ったに違いない、
あるいは彷徨った果てでの偶然の措置だったのかも知れない

つまりこれが私たちの遠い祖先の、史上初の「浮気」だったのだ
それは「自分を産んでくれた母と一族への裏切り」だったのだ

安定的な環境をバックボーンとした「大いなる母」と
特攻隊のように使い捨てにされた「小さな沢山の子供達」・・・・

でも、その
「ちいさな者達の決死で手に入れた情報、体験」は
けっして「小さく」はなく、非常に貴重なものだったのだ
それは時にはビッグマザーが保証する「安定と結束力」を
凌駕する価値が時としてあったのだ・・・種族全体の革新をもたらす程の・・・

この時、「安定、安らぎ、母の愛」を超える価値を「小さい個」が握っていた

これが女性原理の「愛」と男性原理の「瞑想」との
生命の意識進化への二つの大きな柱となったのではないだろうか?