スタートレック Star Trek The Next Generation
第121話 「ボーグ“ナンバー・スリー I Borg」より

エンタープライズはある星の上での微弱な信号を辿っていくと
そこには人類の脅威、ボーグの遭難船があった

その唯一の生き残りを「ブルー」と名付け
彼を救命したものの、常に集団の一員として部品として生きてきた「ブルー」には
当初、「同化され、吸収される別の種族の痛み」は理解出来なかった

ボーグの強さとは個体が常に集合意識と同化して行動しているところにある
それゆえボーグの個体は眠る時も常に情報を共有しているため
〝仲間達〟の声が聞こえ続けている


ここは静かだ 投稿者 maneel-katal

強さとは連帯、連携、
強さとは所属、同一化にある
有機生命体としての個々の個性や尊厳よりも
個々が歯車に徹したサイボーグになってしまうことが
〝ボーグ〟の強さであり、その強靱さが人類にとっても脅威だった

「ひとりぼっちではない」時、同種に囲まれている時に、生命はちから強くなる
常に仲間達の声が、こころの奥深くまで届き、絆が結ばれている時、心強く感じられる


声は聞こえないのか? 投稿者 maneel-katal

他者のネットワーク(集合意識)と同化するのではなく、
他者がそれぞれの個性を尊重し合う「友」となった時・・・、
それは同時に「わたしはひとり」であることを受容することを意味する

ネットワークから一旦切り離され、「静かさ」を体験した時
歯車として、ボーグとしての私たちも叉、真に人間になる時でもある

・・・脳内の囁き、とは人々の集合意識の囁きでもある、それがマインドの正体なのだろう
ホンの一瞬でもひとりになったとき、エゴは死ぬ
エゴとは関係性に他ならないからだ  By OSHO

秘教の心理学
和尚
めるくまーる
1995-02