以下、半田氏の投稿を理解しようと試みるための私なりのメモです

半田 広宣さんが写真2件を追加しました。

●外部に反転を見るとはどういうことか
 
観測者の周囲にはいわゆる時空が広がっています。

  ここで観測者の位置を観点a、

  対象化される時空上の位置を
    「見られる点」という意味で「視点n」と呼ぶことにしましょう。

このとき一つの観点の周囲に無数の視点が散在していることになります。
これがわたしたちの外部世界に対する通常の捉え方です。

17990839_1206586772797374_1648462697317364195_n
 
反転認識とはこの構図が下図下のように変わることをいいます。
僕がいつも「観点の球面化」と呼んでいるものですね。

18156836_1206586829464035_1009940149097396091_n

反転認識が形作られることによって、
視点nの位置はすべて視点Sで統一されることが分かります。
※ブログ編集者挿入
猫=視点S
 猫が振り回されて撮影されているようにも見えれば
 猫の前足を捕まえて録画者が猫の周りを
 ぐるぐる回って撮影しているようにも見える

 
ほんとうは、こうした認識が「健全な空間認識」というものなんですが、
今の世界ではそれが忘れ去られている。
 
反転を単に延長空間の中でイメージしても意味を持ちません。
空間認識の反転とは、
延長的な空間認識から持続的な空間認識へと認識の形態を変えることなのです。
ですから、これは「時間の空間化」と言っていいでしょう。

そこでは、時間は流れを止めて、持続空間として空間化してきます。
下右図における点Sはそのときに感覚化されてくる持続中心を意味しています。

※編集者挿入

猫がずーっと「持続して」空間上に存在しているから
猫を色々な角度から観察出来る・・・

その「角度変化の動き」が、「時間の空間化」?

反転感覚が目覚めてくると、目の前に何らかの対象を見るとき、
そこには反転した持続空間が常に重なり合っていることが意識化されてきます。
 
このことは、
そこに抱かれている無数の記憶も同時に一緒に知覚化されてくることを
意味しています。このことは誰にも否定できませんよね。
 
 一人暮らしのワンルームマンションの中。
 彼女からプレゼントされたコーヒーカップがぽつんと食器棚の中に入ってる。
 そこから、追憶されていくあの幸せだった日々………
 くそっ!!こんなもの叩き割ったるわい!! うぅ、でもでけへん。。。
 なんてことになってくる(笑)
 
目の前のコーヒーカップですら、その人の人生の全記憶を伴ってそこにある、
ということ、なんですね。プルーストの世界です。
 
反転のカタチが理解できたら、まずは、そういう感覚を養っていくことが重要です。
そうすれば、局所=非局所のほんとうの意味が、明確な輪郭のもとに実感として
湧き上がってくることでしょう。
 
ちなみに、下図下で示した反転円(の回転)は物理学の言葉に直すと、
物質粒子ψの局所的U(1)変換(複素平面上の回転)という表現になります。
その反映として元の円を見た場合、その回転は電磁場のU(1)変換です。
 
実際に存在しているにもかかわらず、
未だカタチになりきれていないわたしたちの持続のカタチに明確な輪郭を与え、
永遠世界を確かな地図をもとに、見えるものへと彫塑していくこと。
それがヌーソロジーがいうトランスフォーマーの作業ということになります。
 
ヌーソロジーの言葉では
左の円の領域を次元観察子ψ5、
右の円の領域を次元観察子ψ6、と言います。

人間の自我の構造を少なくとも空間的に理解するためには、
           ψ13~14までの観察子が必要になります。

それが素粒子のシステムの全体性と一致するというのが、
                   目下のところの予想です。
 
ψ6は自己中心化した想像的自我の拠点です。
自我構造が見えてくることによって、
少なくともこの強固な拠点は脱中心化していき、
主体は対象世界の内部に新しい拠点を形作り始めます。
そこは作られたものと作るものが一致した世界、
つまり、存在者と存在の区別がない世界です。
 
こうした認識の創造作業に興味がある方は是非、
ヌーソロジーで遊んでください。面白いですよ。
 
ただし、社会的現実はしっかり押さえた上で、というのが絶対条件です。
それができていない人は立ち入り禁止区域です(笑)。

以上、半田氏の相変わらず難解な文章を何度か読み返していて
私は「全動説」を連想した

通常の空間認識では、
世界は不動であり、人間一人一人の肉体がその世界の中をチョロチョロと動き回っていて
その私達の身体の上に頭蓋骨がフレキシブルな首によってくっついていて、不動の世界を
頭あっちこっちにひねってキョロキョロと(゚Д゚≡゚Д゚)見回している・・・

でも、頭蓋骨が定点カメラであり、
それがフレキシブルな首によって振り回せる胴体が歩行することで
全世界がこの定点カメラからでも「色んな角度から見渡せる」  ・・・そんな見方もあるのだ

つまり頭蓋骨は常に「いまここ」の不動の視点だということ、それが全動説だ
これはVRゲームで仮想空間内をパソコンで歩き回ることを思い出してみれば分かりやすい
パソコンの画面上ではゲーム内の人物の頭蓋骨からみた不動の視点でゲーム世界が動く

そしてこれが、
「猫、あるいはその他あらゆる空間上の視点」でも対等に成り立つ、と考えるなら
「彼女からプレゼントされたコーヒーカップ」が全世界を体験している、という見方も出来る

禅で言う「石のことは石に訊け」というのもまさにそういう世界観ではないだろうか?
石ころであれ、コーヒーカップであれ、周り中の素粒子(空間座標)であれ、要は
「私という世界ゲーム・プレイヤーの証言者、定点カメラ」だということになる

これら、「私の意識の証言者たち、共存者たち」が・・・、
「私の意識を形作っている」とも言えるし、「私の意識がこれら世界を形作っている」とも言える