なぜ?シンプルに呼吸を見つめるだけで、奇跡が起きるというのだろうか?

わたしたちは何か神秘的な現象というのはとても〝複雑な〟現象に違いないと考える
確かにリラックスというのは非常に複雑な現象なのだ

野生の動物たちにとっては「あるがままである」以外の在りようがない
そこには一切の選択肢が無い

人間には一見無限とも思える選択肢がある
そして「あるがまま」とは、その無限の選択肢の「どれかひとつ」にしか見えない
だからリラックスしようとすることは〝試み〟であり一見実に複雑な選択を通過する・・・

するとそこには、成功や達成と、失敗、間違った選択があることになる・・・

・・・しかし、本当はすべての選択は最終的には
  くつろぎがベースにあり、くつろぎがゴールでもある

             ※ これは「最も抵抗値が少ないところを探す」という
                   量子コンピューターの演算原理でもある

 そのことをヴィパサナは思い起こさせてくれるし、
  そのあらゆる複雑さへの理解があってはじめて
              わたしたちはヴィパサナの中に寛ぐことが出来る

 「完璧なくつろぎへのこだわり」が
  わたしたち人間を不完全でいびつなクリーチャーにしているのだ

  ・・・押し付けられた単純さとは「くつろぎ」ではなくファシズムだ
    それは新たな迷路を作り出すだけだ

ヴィパサナへの没入の中では、そんな「わたしという宇宙」の歴史が突如沈黙する
そのことを〝奇跡〟と呼ぶわけだ、

何かが〝起きる〟ことが奇跡なんじゃない・・・

だから〝精進〟とは努力ではないのだ、放縦でも無い・・・