三島由紀夫の・・・

「オレが死んだら、世界が消えるのさ」

というのは有名な言葉だけれど、この発言を女性原理的・不可知論で見直すと面白い

たとえばあなたが、この世界の中で
何が大事で、何が無価値で、何が「世界から消し去ってしまいたい邪魔もの」か?
を考えていたとしよう

それはあなたという意識のフレームの中で起きている価値判断、価値基準だ

そして、あなたの肉体が死ねば、それと同時にその〝フレーム=枠組み〟も消滅する
   ・・・つまり、一人の肉体の死とは、ひとつの「世界観の消滅」であるとも言える

わたしたちは日常生活の中で、
「自分はこの広い世界の中のほんのひとつぶに過ぎない」という自意識の元で生活している

だからたとえ自分の世界観=フレームが〝正しいもの〟だと確信していても、
それを他人に強要することが許されないのだと知っている

ヒトがヒトを支配したがる理由はここにある
・・・チャンスがあれば、自分の世界観を誰かに押し付けたいのだ

  (恐ろしいことに、子供を産む理由の多くも、えてしてここにある)
   いいお母さんほど毒親に…「子どもを不幸にする」呪いのフレーズ3つ

しかしいよいよ自分が死と直面せざるを得なくなった時、
人はおのれの肉体の消滅と共におのれの世界観もまた
この世から「消えてなくなるのだ」と覚悟せざるを得なくなる  (気付くのおせーよ!)

「消えてなくなる」のは、「実際の世界」の方では無い、「自分の世界観」の方だ・・・・
      ・・・・しかし、死を目前に控えて、それがいまさらどういう意味を持つだろうか?

 あなたはこの「フレーム」と共に生きてきた・・・  このフレームとは、エゴそのものだ

世界が、あなたひとりが死んだとして、それが何だというのだろう?
それは「大した事件」ではないし、それで「世界が消えてなくなる」わけでもない

しかし、死と対峙したあなたにとっても同じ事が起きる

「〝本当の世界〟が如何なるものであったとしても、それが何だというのだ?」
「わたしはこの世界観と共に生きてきて、そしてこの世界観と共に去って行く」
「世界が、わたしの世界観の消滅を知る事も無く、構うことも無いならば・・・だったら、・・・」
「私だってこの世界の〝本当の姿〟がどうか?だなんて、気にする必要があるだろうか?」

  かくして、「本当の(客観)世界」と「あなたの世界観」とは、
     あなたの「肉体というつなぎ目」の消滅と共に離れていく・・・

もともと
「あなたの意識が作り出したフレーム」によって、「あなた」と「世界」とは接点を保ってきたのだ

きっと三島由紀夫は市ヶ谷の駐屯所で最後に自衛隊員に決起を叫んで、拒否された時
この〝接点〟を完全に失ったのだろう

 ・・・つまりそれを世間的に平たく言うなら「〝この〟世界に絶望した(見切りを付けた)」となる

           かれは〝自分の美学で彩られた〟世界観を抱いてこの世を去った

 現在もちろんこの物理世界は三島由紀夫が死んだ後も存続しているが
 三島本人からするならば、
  「自分自身の世界観と接点が切れた世界は存在しないに等しい」ということなのだろう


さて、もしこの「世界観のフレーム」がはじめから存在しなければ、どうなっていただらろうか?

はたして「フレーム=観念」なしで、
わたしたちは子供の様な純粋な目のまま、世界を見ることは出来ないのだろうか?

つまりそれが「不可知論~わたしは知らないと言うことを自覚している」ということだ

  通常、私たち人間はそんな風には生きてはいけない

わたしたちは世界の構造を「知って」いなければ生き延びられない
だからカエルやカメレオンがハエをぱくっと捕まえる動体視力を犠牲にしてまでも
一旦この三次元世界を脳内のマトリックスに変換し、マッピングして生きている

きのうまであの街の交差点に立っていた大きなビルディングが、
今日忽然と姿を消すこと何てまずあり得ない・・・  
だから私たちの脳内には、そのビルディングは昨日と同じく、今日も建っているのだ

でも現実とは瞬間瞬間変わっている・・・
そのもっとも端的な例が大規模な地震のような天変地異である

 ・・・3・11の様な事があった時、わたしたちは一瞬、眠りから覚める
  「昨日まであったあのビルディングが今日もあるとは限らないのだ」っと
                   ・・・(いやそれ遅すぎだろJK)

 本当は私たちの脳内にあるマトリックス=世界観など、大災害の前では紙細工なのだ
        ・・・・・単に〝確率論的に〟平和な日常は保証されているだけなのだ
人間も他の動物と同じく「スープの中に落ちているハエ」なのだけれど
人間は言葉と概念と三次元認識によって「スープの中に自分達の街を建設したハエ達」なのだ

こういった大地震などの時に、自分達も叉「スープの中に落ちているハエ」であることを思い出す

個人もいずれ死ぬし、国家が壊滅することも有り得るし、人間全体もまた全滅するかも知れない

ただし、「人類が滅亡した後のことを考えたってしゃあないじゃん」という意味では
三島由紀夫が言った「オレが死んだ後に世界は無い」というのは真実だ

ところが不思議なことに、この地球上で最強の生物であるはずの私たちだけが
「生と死のある世界」「有限な世界」に生きている・・・っということだ

もちろん言葉無き他の生物、他の動物たちの方が概して肉体的には短命だ

しかし、なぜ動物たちは澄んだ純真な目で生きているのだろうか?
なぜかれらのあどけない姿に私たちは心を洗われるのだろう?
はたして私たち人類は彼らよりも本当に幸福なのだろうか?

・・・そう考えてくると、
  この最強の文明の砦を築いた私たちの「世界観」が本当に「幸福」をもたらしたのか?

  疑わしくは無いだろうか?

わたしは、三島由紀夫が自決した理由と、世界の支配者階級が第三次世界大戦を起こそうと
いまだに諦めていない理由とには、共通点があるように思えてしかたがない

つまり、
「実際の世界」よりも「自分達の世界観の実現」を優先しているのではないか?という点でだ

そしてもっと恐ろしいこととは、彼らの世界観への固執(個室)とは
世界中の誰もが共通して持っているのじゃないか?という点だ

だれもが、自分の世界観のフレームを外せない
・・・でもそれは「人間であれば」当然の歴史的経緯がある
  ・・・だっていままで〝これ〟でわたしたちは「世界の王者」に君臨したのだから

  何が大事で、何が無価値で、何が「世界から消し去ってしまいたい邪魔もの」か?

  ・・・はたしてこんな色眼鏡を掛けていて、
    わたしたちは「愛する」ことなんて可能だろうか?
     新世界秩序NWOを企む者達を、わたしたちは非難出来るのだろうか?

この「世界観のフレーム」を外した時、わたしたちの意識はみなこの宇宙の「お母さん」になる

 この死すべき「世界観のフレーム」をわたしたちが放棄した時
 私たちの 肉体の死と共に、一体だれが、何が〝死ぬ〟というのだろうか?

   動物たちの愛くるしい純粋な目は、その答えを私たちに教えてくれているに違いない 

ワンコに生まれて良かった〜!