page_071
page_072

 


「選択の自由と、無選択の自由と、
       あなただったらどちらを選ぶ???」



  ・・・・こんな質問を投げかけられたら、あなたはどう答えるだろうか?

   こんな質問は、ナンセンスだ!

     なぜなら質問それ自体が矛盾している!!

       なんであれ、この質問に回答したら、それ自体が “選択した” ことに
       なってしまうからだ!!!


しかしこのセロニアス・モンクのピアノのような
 不条理な質問は、わたしたちの人生が始まってから、即座に...

   ...毎秒、  ....毎瞬、   投げかけられている質問なのだ!!


    もし、  「OK!  わたしは“選択の自由”を生きる」  と、回答したならば、
           あなたは、 その選択した義務、  選択した責任を永遠に負わされる。

    もし、  「いや、わたしはあらゆる選択を放棄する」っと、回答したならば、
           あるいは、 沈黙を持って その質問に回答する、
           あるいは  その質問自体を無視するなら、

          それ自体があなたの - 選択 -  と見なされる だろう!


それは、あらゆる自由意思の放棄と見なされ、あなたは身ぐるみ剥がされるか?
      あるいは命さえ危ういかも知れない。


     つまり、人生とは、根本の部分で、  選択の自由なんて存在しない  ことになる!!

     別の言い方をするなら、  人生とは強制参加のゲーム  っと言えるかも知れない。

 これが、  “生きる”  っと言うことに関する、 根幹にまとわりついた疲労感だ。



わたしの母は、 とてもハングリーな、  ベガーな 人だった。

だから常にわたしを競争に駆り立てようとした。  わたしを誰か他所の同年配の子供と比較し、
わたしにふり向いて、溜息をつき、悪態、不満を並べ立てていた....

  だからわたしは、この 「人生の根幹にまとわりつく疲労感」 を人一倍感じる幼年期を過ごした。

   だからわたしは、本質的にはニートなのだ。

page_073
page_074
page_075
page_076
page_077
page_078

中略...

page_089


出典:ライブマシーン (1)&(2) ダウンロード購入サイト



 原作:狩撫 麻礼   2000-07


「オレも、この世の呪縛から、己を解き放つ方法を
                 探しあぐねてきた....」


この 解 放 こそが、 エンライトメント のことである....


  さあ!  いますぐ、問いただせ!!  --- ASK ME NOW !

                  あなたとは一体、何なのだ?


  デカルトは、答えた。  「吾思う、故に我在り...」

                   では?

「自問自答し続ける」 ---思考があなたなのか?  

                    それとも

                    思考のバックグラウンドの

     “沈黙”した意識(ウォッチャー)が  ・・・本当のあなたなのではないか?



選択の自由....   
     自由意思によって、わたしたちの、手足も動いているかのように見える。

       だから、この肉体を “自分” なのだと、誰もが思い込んでいる。

        でもそれは、本当に  “自由な”  意思なのか?

          あなたの意思とは、その背景に本当に何もないのか?

           -あなたという意思- が自由に肉体をコントロールしているのか?

             本当は、その

             -あなたという意思- というのも、肉体の “現象”の
                               ホンの一部に過ぎないのではないか?


  こう問い詰めたとき、ひとりの女性は腹を立て始めた。  「不愉快だ」と・・・


自分の自由意思こそが、自分の根底なのでなかったら、 
それさえも疑うのだとしたら・・・・

 そこにはぽっかりと底なし沼が、奈落の底が開くだろう。

               ・・・あなたは途方に暮れてしまうのかも知れない。

それはあまりにも、虚しい...

       自分の基本的人権が侵された様に (参照:怒りの根底) 感じたのかも知れない。

つまり、瞬間瞬間の、選択の自由こそが、 「アイアム...」であり、絶対的存在の根底なのだと....

運命を信じるか?

では、尋ねよう。

緊張している自分と、弛緩した自分と、  どちらが  本当に「自分らしい」と感じますか?

思考している自分と、 沈黙の中に漂う自分と、 どちらが本当の自分の実在性を表現しているのか?

「選べる有能な」 自分と  「何も選んでいない無能な」 自分と、  一体、どちらが、自分なのか?

   意思する 自分と、 意識している 自分と、 どちらが 根底なのか?

      何かのアイデンティティーにある (誰かである) 自分と、 
        何のアイデンティティーも持たない (誰でもない) 自分と...  どちらが?  ?  ?

                   “有” たる自分と  、“無” たる自分と...  どちらが?  ?  ?


※  ある日、偶然聞いたラジオ「子供電話相談室」の質問

「先生!  夜空の星と、星の間の闇夜 (スターバックス) と、
                       どちらの方が遠く(彼方)にあるの?