34・Anger   怒り

34 miner2_cups_01




禅の学生が盤珪(ばんけい)のところに来て言った。

「マスター、私には自分ではどうしようもない怒りがあります。
どうしたらそれを鎮めることができるでしょうか?」

「その怒りを私に見せてごらん」と盤珪は言った。
「おもしろそうではないか」

「いまはそれはありません」と学生は言った。
「ですから、お見せできません」

「そうであれば」 と髄珪は言った。
「それがあるときに私のところにもって来るがいい」

「ですが、たまたまそれがあるときに、それをもって来るわけには
ゆかないのです」と学生は抗議した。
「予期せぬときにそれは湧いてきます。
そして、それをあなたのところにもって来る前に、
私はまちがいなくそれを失ってしまうでしょう」


「そういうことであれば」と盤珪は言った。
「それはあなたの本性の一部ではありえない。」

「もしあなたの本性の一部であれば、
あなたはいつであれ、それを私に見せることができたはずだ。」

「生まれたとき、あなたはそれをもっていなかった--
--だから、それは外側からあなたのところに来たにちがいない。」

「提案しよう、いつであれ、それがあなたのなかに入って来たときは、
その怒りが耐えきれなくなって逃げ出すまで、自分を棒で打つがいい」



 今度あなたが怒りを感じたら、家のまわりを七回走り回り、
その後で樹の下に坐って、その怒りがどこに行ったのかを見守るがいい。

あなたはそれを抑圧しなかった。
あなたはそれを操らなかった。

あなたはそれをほかの誰かに投げつけなかったのだ……。


 怒りは精神的な嘔吐にすぎない……。
それを誰かに投げつける必要はまるでない……

 ジョギングを少しするか、枕を取って、
 その枕をあなたの手と歯がリラックスするまで叩くがいい。

 変容のなかでは、あなたはけっして操らない

                  あなたはもっと醒めるだけだ。

怒りが起こっている、
----すばらしい現象だ。
       それはちょうど雲のなかの電気のようだ‥・‥・。

 怒りが起こっているさなかでも、
もしあなたが突然意識するようになったら、それは落ちる。
それを試してごらん!自分が熱くなっていて、人を殺したい---

        ---そのさなかに- 突然醒める!!

すると、あなたはなにかが変わったのを感じる。
内側のギア、そのカチッという音をあなたは
感じることができる。
なにかが変わったのだ。あなたの内なる存在がリラックスした。
あなたの外側の層がリラックスするには時間がかかるだろう。
だが、内側の層はすでにリラックスしている。

協力が壊された…・‥もうあなたは同化してはいない。

肉体が冷めるには少し時間がかかる。
だが、中心深くでは、あらゆることがクールだ……。
 クールなとき、あなたは全世界を楽しむことができる。
 ホットなとき、あなたは失われている。---同化している。

あなたはそのなかでどうしようもなく混乱している。
どうしてそれを楽しむことができるだろう?

 これは矛盾して聞こえるかもしれない。

 だが、私はあなたに言おう、

      この世界を楽しむのは覚者だけだ。



          AND THE FLOWERS SHOWERED,PP.50-72


わたしはすべてのすべての根底の根底は、“無底”だと言った!

だから、怒りもまた、その根底は“根無し草”だ。

わたしたちは、じゃあなぜ?「腹を立てる」のだろうか?

その理由は、かならず“有る”

  ---怒り、には“根底”が無いのにも関わらず、“根拠”は必ずある!!

その“根拠”とは、わたしが....」である。

           わたしにとっては」である。


        つまり、 “マイン” ちゃんこそ、怒りの根底なのだ!!



わたしの大事なもの、大事なこと、大切にしている信念、宝もの、信条、絶対に守りたいもの.....

これらが犯されたと思ったとき、踏みにじられたと思ったとき、不当に扱われたと感じたとき...

....人は怒りを爆発させる。

DEVILMAN_05_177DEVILMAN_05_176

DEVILMAN_05_179DEVILMAN_05_178


世の不正や、不公平や、理不尽さとは、
たしかに見過ごせないことである

でも、だからといって、
もしそこに

“わたしの利害” や、
  “わたしの不満”が
        存在しなければ、

何を“腹を立てる”必要があるだろうか?
       そこに“感情”は必要だろうか?

 ...そういった不正や、不公平や、理不尽さに対して、
         単に、指摘し、是正を求めればいいだけのことである

「諸法無我」

とは、まさしくそのことではないだろうか?



だから、
人は、ひとの怒りを、いや、自分自身が怒りに我を忘れてしまうことを、とても恐れている。

わたしたちが最も恐れているもののひとつは...(自他の)怒りだ。


じゃあ、なぜそれほどまでに恐れているのだろうか?、(自他の)怒りを.....


....それは、(自他の)アイデンティティーに接触(コンタクト)する瞬間だからだ!!

アイデンティティー(自己同一化)とは、エヴァンゲリオンでいうところの“ATフィールド”と不可分だろう。

A(アブザリュート=絶対的)T(テリング=恐怖)フィールド=領域、縄張り

...つまり、続に言う「その人の地雷(トラウマ?)」というわけだ...

たとえば、集団的な“地雷”といえば宗教などが、もっともわかりやすい例だろう。
キリスト教にとっての聖書であるとか、イスラム教にとってもクル・アラーン、預言者ムハンマド、...
ユダヤ教にとってのナチズム、アウシュビッツへの絶対的な被害者意識、被差別意識など...

それらはまるで、本人自身ではないように見えて、
実は本人への罵倒や嘲笑以上に、
“怒り”の原因であったりする。

         なぜならそれはやはり“本人”の
           延長された、拡張された、あるいは投影された、
                          自己同一化だからなのだ。

むろん、個人レベルの精神と肉体においては、よりハッキリした“地雷”がある。
複雑な家族関係とか、根深い劣等感とか....、
「足を踏んだ」とか、「頬を殴った」とかも同じだ。

  <やられた>と思った相手は、さぞかし、大いに怒るだろう....


   <踏んづけた><叩いた><侮辱した><犯した><傷つけた>...

     たとえば...本人の肉体を、財産を、恋人を、家族を、友人を、...

   <踏んづけた><叩いた><侮辱した><犯した><傷つけた>...

     たとえば...自由を、権利を、名誉を...信義、信念、信条を、理想を...

          わたしの、   わたしの、   わたしの.....
              僕の、   自分の、   俺の、   ワタクシの....

                     “わたしのXX”、“わたしの〇〇”、
                        そこを根拠に、爆心地にして、ひとは怒り出す....

                          では?

    それらに対して、<侵犯した>どころか、
               <根底から否定した>  ならば、
                        一体、全体、どうなってしまうのやら?

  
     「もし、あなたの “怒り” とやらを、
         いまここで見せてみる事も、
          持ってくる事も出来ないならば
           それは、あなたの本性ではないんじゃないか?」

  こんなことを、浮気がばれた夫が、妻の前で涼しげに言ったら
  もはや命はないだろう

これは、限りない信頼関係にある、弟子と和尚(マスター)との間だけで赦される、
極めてきわどい会話なのだと、これで解るのではないだろうか?

04miner3_swords_02
15miner3_swords_03




  「そんなもの、あなたの“根底”でも“本性”でもないんじゃないか?」

  「 “あなた” がアイデンティティーを感じているものは、実はすべて“無底”なのではないか?」

2


 こんな疑いを投げかけられたとき、....
   この様な種類の、...問いかけの、...真意が、もし理解出来たとしたなら...????


          それは、とても恐るべき瞬間、きわどい瞬間である。

    「怒り、とは“わたし=自己同一化”を根拠として
                        わき出してくるもの」

    「もしも、それ
等=自己同一化すべて“無底”であるなら?」

     「つまり、“わたし” の
             正体こそは、

                    根底こそは、   “無”である」


                                 ...っと言うことになってしまう!!!


それがばれないように、いや、それを自覚しないように、....

わたしたちは、(自他の)怒りという現象をいつも恐れ、いつも逃げ出してしまうのではないだろうか?

1