これって、
俺が今まで日本人として生まれて来て
今日まで見てきた日本人の実体そのものなんだけど・・・・

コロナイゼーションの進展としての
東京電力福島第一原子力発電所事故対応


p1f



現代の日本社会で一番深刻化している病理は、
プライドとつまみ食いです。


プライドも、オモテに出ている実績や何らかの能力や所有物
についてのプライドであれば、そこには見るべきものがあります。
しかし実際には
プライドが高いのに、オモテではまるで謙虚であるかのように
ほとんど自虐的に振る舞い、
ウラで自分がつまみ食いできるパイの確保と拡大に徹底的に
こだわるようなプライドの高さが、次第に高じてしまっています。

オモテで流行している理屈や綺麗事には口先の賛意を示しますが、
こころの底ではあらゆる論理や徳目を軽蔑して憎悪しているかのようです。
合わせるふりをしてその精神を殺しています。

そして、本気になるのは、ウラで展開される寝技や腹芸で
自分たちの既得権を確保して拡大していく時です。

そのためには、オモテの名目には、それを見下していることを
周囲に知られないギリギリで、なるべく軽くだけかかわることが
よいと考えています。


***日本的ナルシシズム***


筆者も、そのような安全神話を共有していた日本人の中の一人でした。
このようなナルシシスティックなこころは、
現実が示す危険性の徴候よりも
自分たちが想像上で共有している内容を優先する

傾向が強くなります。

・・・・・・

これが病理的な水準に達すると、
「目立つおいしいところはきちんと立派に仕上げるが、
それ以外はなるべく手抜きをして、もし何かあれば
責任はだれかに押し付ける」
ということになります。
偽装が起こりやすくなりますし、
面倒なことには必死に関わらないで
逃げる姿勢を身につけるようになっていきます。