今朝のシャンタン氏との会話をシェアーします

Q: (わたし)

自分は静寂を求め続けてきたつもりですが、
昨夜、その「静寂への欲求」の中に、とっくに克服していたと思っていた
マザコンのようなもの(子宮回帰願望)を発見し、うろたえています

静寂を求めることこそが瞑想の本質だと思って、いままで疑問にさえ
感じ無かったけれど、いまはそこに自分の脅迫観念的なものを感じます

この戸惑いに対して何かアドバイスしてくれませんか?

シャンタン亀仙人の答え



静寂を求めるから、世界を騒音に感じてしまうんだよ
だから、静寂を求めないことなのさ

バガヴァンは「全部あげますよ」と言ってくれているのだから
素直に受け取ればいい、

ファザコンも、マザコンも、「いけないことなんだ」と裁かなければ
そんな観念がなければ、何も問題ない

なるほどぉ~!
それが“委ねる”ってことなんですね?

うん、何も求めないことさ

つまり、
「何も求めない」ことと「素直に求める」こととは・・・・

うん、究極的には同じことなんだ

2015年5月19日あさ9時頃の電話での質疑応答の抜粋要約・・・

「委ねる」と言うことに関して・・・

つまり「自力と他力」と言うことに関しては、私の中ではひとつの結論が出ていた
それは・・・「人事を尽くして天命を知る」ということだ

「いや、オレはまだやり尽くしていない、納得出来ない・・・」っと思うなら
それを貫けば良いのだし、

それが
「もう、沢山だ!」っと思えるならば、
そのときはきっとあなたに “ 委ねる ” 準備が出来た時なんだろう・・・・



その準備完了とは、この記事を読んでいるまさに
「今この瞬間」なのかも知れない

    「もう・・・・、   いいんじゃないだろうか・・・・・・???」

     ・・・・・あなたが自らにそう問いかけた今この瞬間とは
            「準備が出来たから」
                  その問いかけが湧き上がったのかも知れない

さっきまであなたは、意地を張っていたかも知れない、・・・それもぜんぜんOKだ

でもたったいま、あなたは「もうギブアップかも」っと真剣に思えるかも知れない

それは恥ずかしいことではない、
わたしたちは “首尾一貫している” 義務など無いのだ

  ・・・首尾一貫していること (時間的因果律) を手放すのは最大の勇気が必要だ

もちろんそれは、“ジャンプ”の瞬間であり、人生最大の危険を冒す瞬間だ

だから怖いかも知れない・・・  しかし、本当に準備が出来ているならば
もはや選択肢は無いだろう・・・・

それが奈落の底であろうとも、準備が出来ている人ならば躊躇うことなく
飛ぶ・・・はずだ

8.Disciplehood




太平洋戦争での敗戦と、その後の天皇陛下の人間宣言という
わたしたち日本人共通のトラウマは、宗教的な「委ねる」事に対して
非常に大きな抵抗をもたらした

「天皇陛下万歳」の終わった私たちは、本質的には宗教アレルギーだ