5.Ultimate Accident
  究極の事故

 自分の探究においては真正でありましょう。
そのためにはあらゆることをしましょう。
映し出されたものの背後にある元のものを知ろうとする渇き、
それがあなたを『究極の事故』に値するものにしてくれます。


 千代能はサニヤスをうけようとして、尼僧になろうとして、
次から次へと僧院を訪ねた.だが、偉大なマスターたちでさえ
彼女を拒んだ。彼女はあまりにも美しかったからだ……。
僧たちは神を、そしてあらゆることを忘れてしまうだろう、
途方にくれた彼女は自分の顔を焼いた。顔じゅうに傷をつけた。
そして、彼女はひとりのマスターのところに行き着いた-ー彼は、
彼女が女なのか男なのかさえ見分けることができなかった。
そこで、彼女は尼僧として受け容れられた。

 彼女はまさに用意ができていた。その探究は真正なものだった。
彼女にはその事故に値するだけの価値があった。
それは働きかけて得られたものだった。
彼女は三十年、四十年の間休みなく学び、瞑想した。
そして突然、ある夜……。

 彼女は手にもっていた桶の水に映っている月を見ていた。
映し出されたものですら美しい、
それらは絶対的な美を反映しているからだ。
真の探究者は、
映し出されたもののなかに非常に多くのことを知ってきた。

それはあまりにも美しく、そこにはすはらしい音楽があったので、
今度はその源を知りたいという欲望が湧いてきたのだ。

 歩いてゆきながら、彼女は桶の水に映っている満月を見守ってた。
突然、桶をひとつにまとめていた竹のタガが切れて、
桶はばらばらになって落ちた。

水が勢いよく流れ出し、
月の影は消えた

--そして、千代能は光明を得た。彼女はこの詩を書いた--

「とにかくにたくみし桶の底ぬけて 水たまらねば 月もやどらず」

 あれこれと
 私は桶をひとつにまとめとおこうとしてきた
 弱い竹が切れないように望みながら
 突然底が抜け落ちて
 もう水はない
 水のなかの月もいまはない
 私の手のなかには空


 光明を得ることは事故に似ている。

だが、私のこの言葉を娯解してはいけない。
私は、そのためになにもしてはいけないとは言っていない。
もしあなたがそのためになにもしなければ、
その事故ですら起こらないだろう。

それは、
そのために多くのことをやってきている者たちにしか起こらない

--そして彼らがやっているそのことを抜きにしては、
          それはけっして起こらない---

あなた方の瞑想はすべて事故の起こりやすさを、
         招待を創り出すためにすぎない。
                    ただそれだけだ。

 事故に、未知なるものに備えるがいい

--用意を整え、待ち、受容的であるがいい。
     招待がなければ客はけっしてやって来ない。---


              NO_WATER,NO_MOON,pp.1-19