42.Worry/Anxiety
   心配/不安
 離れていて、個人的なゴールを持っていると、とてつもない緊張があ
るために、あなたの覚醒は非常に狭くなります。あなたは閉じてしまい
ます。ただ明け渡しましょう。存在があなたを運んでゆくに任せましょ
う。


私は、バスで旅行をしていた
ある年老いた女性のエピソードを聞いたことがある。

彼女は非常に不安で、
震えながら、運転手にこの停留所はどこかと絶えず聞いていた。

彼女のわきに坐っていた見知らぬ人が言った。
「楽にしていなさい、心配しなくていいんですよ。
 車掌が停留所を次々にアナウンスしますよ。
 
 それに、もしあなたがあまりにも心配だったら、
 私が車掌を呼んでもあげましょう。

 あなたは彼に自分が降りたいところを告げればいいのです。
 そうすれば彼はそれを心にとめとくことができるのですよ。
 あなたは楽にしていればいい!」

 彼は車掌を呼んだ。そしてその女性は言った。

「どうか覚えておいて。
 私は自分が降りるところを見過ごしたくないのよ。
 とても急いでそこに着かなければならないの」

車掌は言った。

 「オーケー、心に留めておきましょう。
 あなたが求めなくても、私はそこをアナウンスしますけど、
 心にとめておいて、あなたの降りるところになったら、
 とくにあなたにそのことを教えに来ましょう。

 心配することはありません。
 それで、あなたはどこで降りたいのですか?」

その女性は--汗をかき、震えながら、とても緊張して--言った。

「ああ、ありがとう。心にとめておいてね
--私はバス・ターミナル(終点)で降りなければならないのよ」

 緊張すると、あなたの意識はさらに狭く、さらに狭くなる。
 あなたは閉じてしまう。

そしてそのような緊張のなかで、そのような不安のなかで、
覚えているのはますますむずかしくなる。


エゴとは緊張のことだ。
不安を重荷を抱えている……しかも不必要に。

 さあ、それがバスの終点だったら、なぜ心配しなければならない?
どうやって見過ごすことができよう?
 休むやいなや、くつろぐやいなや、
 存在はすでに動いていることを、
 これらのより高い頂きに向かって近づいていることを
 あなたは知る。

しかも、あなたはその一部だ!
あなたはかけ離れた野望をもつ必要はない。

これが明け渡すこと、サレンダーということだ。

くつろいで、個人的なゴールをすべて落として、
成し遂げようとするマインド全体を、エゴの投影をすべて落として。


これが光明を得ることの秘密のすべてだ。それは深い休息状態のな
かで起こる。



                 GUIDA SPIRITUAL,pp.302-303