We are all own definition

OSHO(バグワン・シュリ・ラジニーシ)やBshar(バシャール)を中心に 日々感じたことの防備録です

2014年08月

もし、お時間があれば、ちょっとイメージしてみて下さい

5分間だけでイイです

3分、いや、時間がなければ1分でもイイです


「全宇宙の質量、全宇宙のベクトル、全宇宙の責任を
あなたがひとりだけで背負ってみる」というものです。

まあ、つまりアティーシャの瞑想の簡易版ですね!

和尚ネオタロット:38.Transformation    変容 
(解説書はココをクリックすると別窓でテキストが開きます)
38major_01

これは、はじめる上では勇気が必要です

だって全宇宙の重みですよ???   むりっしょ?wwww JK(常識的に考えて)

自分自身の事でさえ、普段は精一杯!!

女房、子供がいれば、パパとしてだけでも、もちろん大変!!

自分の親族、自分の家の回りの地域社会、自分が住む国家、
さらに拡げれば、この全地球の重み・・・

いやいや!、この太陽系、この銀河系、この宇宙全体の重み・・・

考えてみれば、多分かなり手前でペッチャンコになりそうな重みです!!


でも、イメージだけですから(笑)思い切ってやってみましょう・・・

すると気が付くはずです

中途半端が一番キツイって!!

「全宇宙の重み」まで行っちゃえれば、もうシメたモンです!

つまり、完全にホールドアップになるはずですよね?

なにせ、私たち地球人はまだ、惑星感の交流さえして始まっていないのだから
そんな宇宙の果ての、未知の世界までの重みなんて、背負えるわけないでしょ?

だから、もうグルジェフのストップ瞑想じゃないけれど、完全に凍り付いてしまうでしょう!!

も~~開き直るしかないんです(爆)


誰かが、あなたに突っ込んでくるかも知れません

「なんだって?お前さんがすべてのすべての、すべて~~の責任者だって?」

「じゃあ、このあいだ買ったばかりの新車が誰かに落書きされたんだけれど
それもおまえのせいなんだな?」

「おいこら!弁償しろ!!」


でも、あなたは開き直ってるので平然と答えることが出来るハズです

「ボクは全宇宙の責任者なんです」

「だから、あなたの車に落書きされた原因についても、わたしには責任があるのでしょう」

「でも、わたしには全宇宙の責任があるのだから、あなた一人に起きたことが
どうすれば、責任がとれるのか?私には解らないんです」

「果たしてあなたにわたしが新車を弁償することが、本当に全宇宙のトータルバランスに
とって、“良い”ことなんでしょうか?」

「それはあなたは近視眼的に見れば不当な仕打ちを受けたと思っているかも知れない」

「でも、あなたがどこかで行った不当な行為で傷つけたカルマが、
        あなたに返ってきただけかも知れないじゃないですか?」


全宇宙的責任というのは、あなたが瞬間瞬間いまここにいることなのだ

そこが、全宇宙のニュートラルポイント、グラウンドゼロなのだ

つまり、あなたは宇宙の中心にいるのだ。

もし、あなたが一瞬でも間違えたなら、その僅かな片寄りは
あなたの全細胞を木っ端みじんにするだろうから

1

2

3

4


5




探してみて下さい!

確かにこの情報空間に、
あなたの肉体は存在します!

そしてその肉体は、呼吸したり、考えたり、感じたりしています。

あなたという意識は存在しています!

いま、このブログを読んで目にして、解読している思考は存在するでしょう

この情報空間の中に、存在しています

それを、意識している   あなたは、

  もちろん  在るでしょう


  でも、  「あなた」  なんてありますか?

  見つかったなら、是非わたしに連絡して下さい!

そんな実体は、幾ら探しても、何処にも見つからないでしょう


「あなた」  っという概念、  「あなた」  っというアイディアは...


   うん、  存在します


でも、   この時空間のどこに? 
 
「あなた」  と言うべき 実体は 存在していますか?

  見つかったなら、是非わたしに連絡して下さい!

  見つかったなら、是非わたしに報告して下さい!

  見つかったなら、是非わたしに教えて下さい!

全世界が一気にクールダウンするのを実感出来るでしょ?

この情報時空間の中に
    唯一存在しないもの  ・・・それは?

     ・・・あなた は アナッタ(anatta=無自己)

湾岸道路

湾岸道路



昨日、シャンタンさんのご縁で、シュリ・バガヴァン師の
ディクシャ・ギバーにならせてもらった

とても素晴らしい体験で、また素晴らしい価値があった。
これで2万円は、こんな時代だからこその超特価だと太鼓判を押せる

たぶん、多くの人をエンライトメントへと歩ませる方法論だ。


           ところが

このイニシエーションによって、
ディクシャ・ギバーになること以上の価値を

              わたしは、発見してしまった。

なので、私はディクシャギバーになった結果、
「わたしはディクシャギバーにはならない」

っという選択をすることになった。

何かを得ることによって、それを放棄する事が可能だ

OSHOは、

1/4「あなたはすでにカンペキなんですけど、何か質問ある?」


っというディスコースの中で

「もし、『ブッダはこんな食生活をする』という
お約束があるのならば、エンライトメントを放棄してでも
スパゲティーは断固食べちゃうけれどね」

このシーンで聞いていたサニヤシン達は爆笑しているが
この発言はとてつもない大宇宙の真理を表明していたのだ。

別の動画で、God Is Not a Solution - but a Problemと言うのがあるが
まさしくそのことなのだ。

実は神でさえ、悩みを抱えている
実は仏でさえ、弱点を抱えている
実はバシャールでさえ、解けていない問題があった

そんなぶったまげた事実を、OSHOは示唆しているからなのだ。

OSHOというのは、
だから単なるエンライトメントマスターではなかったことが
これにて確認出来た

つまり、OSHO自身も、シュリ・バガヴァン師も、まだ
人類全体をエンライトメントさせる為の方程式を、まだ見つけていない

それが、1998年に友人となった神一人(じんかずひと)の最大の問題だったのだ。

神カズヒト実写

そして今朝、そのことをわたしは悟った

「風のコリドー」+映画「湾岸道路」には、
その大真理が予告されていた

結婚をしてみなければ、結婚の欠陥を発見出来ないのだ
結婚をしてみなければ、結婚を止めて探求に旅立つという自由を得られない

   たとえどんなに切なくても・・・
            すべてのすべてが家族になれる方法を探す


    その時までは、わたしとあなたとの再結婚は、お預けなのだ

つまり、エンライトメント“する”こと以上の重大問題を発見し、その
理論的な解明に、全宇宙に先駆けて成功したのだ。

それが、前エントリー「Q」で記述していることだ。

理論的な解明が出来たからには、もう、実践的な解決はもはや時間の問題である

    数学、論理学、幾何学・・・

    格闘技・・・・

    タントラを主とした神秘主義・・・・


これらを融合することによって、全く苦痛のない、全人類規模のアセンションが
実行出来る・・・・  

わたしは、セックスを前提としないハグは、もう二度としない。
だから、賢い私たち日本人のご先祖様達にはハグの習慣がなかったのだ

セックスを前提にしないハグほど、寂しい行為はないからだ

        「世界はひとつの家族だ」

これは「理」としては真実であるが、「事」としてはまだ実現していない

全ての問題はそこにある

和尚ネオタロット:38.変容 
(解説書はココをクリックすると別窓でテキストが開きます)
32major_19




   これらを実現化するための多くの試みを、
   このブログで逐次ご報告出来れば幸いの極みである


[2014/08/17 21:40:24] アストロザイン:
どうですか?年内に出来そうですか?

[2014/08/17 23:25:13] Yoshitaka MURAOKA:
こんばんは、大丈夫です。連絡が滞っており、申し訳ございません。

[2014/08/17 23:25:35] Yoshitaka MURAOKA:
3Dで作りなおしていたのですが、どうしてもカード数との兼ね合いで
難しいことがわかったので、

[2014/08/17 23:25:50] Yoshitaka MURAOKA:
もう一度2D表示で作りなおしを行っています。

[2014/08/17 23:26:02] Yoshitaka MURAOKA:
現在、カード表示の基本的な部分ができています。

[2014/08/17 23:26:33] Yoshitaka MURAOKA:
あとは、設定ファイルを作成して、どうクリックしたらどうカードをめくるか、
という部分の定義などをやっていくところです。

[2014/08/17 23:27:09] Yoshitaka MURAOKA:
一段落しましたら、改めてお知らせいたします。

[2014/08/17 23:27:14] Yoshitaka MURAOKA:
よろしくお願い申し上げます。

[5:42:28] アストロザイン:
三次元と四次元との間を理論的に突破する事に成功した

56





[5:42:45] アストロザイン:
その解答は2次元にあった
DEVILMAN_01_18332


[5:43:18] アストロザイン:
だからあなたの作業と私の作業とはシンクロしていたんです

DEVILMAN_01_184DEVILMAN_01_185

[5:43:50] アストロザイン: 解答は光の速度にあった

DEVILMAN_01_186

[5:44:12] アストロザイン: 光は地球を1秒で7.5周する
[5:44:39] アストロザイン: 7とは求心力、8とは遠心力
[5:45:01] アストロザイン: その中間に光は存在出来る
[5:45:21] アストロザイン: これが9、つまり球体の謎だった
[5:45:52] アストロザイン: 10に達すると

1860


[5:46:09] アストロザイン: 本末究極等となり
[5:46:35] アストロザイン: 一切の境目がないバシャールの世界に行く17t02200204_0228021111875152358


DEVILMAN_01_187


[5:47:10] アストロザイン: すると01と10とは究極的に同じだという意識になる
(単にでんぐり帰っているだけだとなり)

DEVILMAN_01_188

[5:47:13] アストロザイン: ところが
[5:47:28] アストロザイン: その時には

[5:47:43] アストロザイン: もう球体の膜を失ってしまっている

15

[5:47:57] アストロザイン: なのでこの膜に阻まれて
[5:48:18] アストロザイン: 球の内側に伝えられない
0934

DEVILMAN_01_189

[5:49:04] アストロザイン: なので01=ヒトと 10=神とは、数字を仲立ちとして
[5:49:14] アストロザイン: 必死に接点を探してきた

47 46


48


[5:49:23] アストロザイン: それが生命の樹だ
[5:49:49] アストロザイン: でも、この分離を突破するのには

[5:50:02] アストロザイン: 針が必要だった

DEVILMAN_01_190

[5:50:10] アストロザイン: この針というのが
[5:50:21] アストロザイン: 数字の5(ヴァヴ)であり
[5:50:48] アストロザイン: これは論理的な癒やしを意味する

DEVILMAN_01_191

16
miner3_swords_01

[5:50:58] アストロザイン: つまり法王のカード

08major_05




[5:51:32] アストロザイン: これの女性版が2であり
[5:52:38] アストロザイン: 間(あいだ)=マ(潜在的な母)=を意味する
[5:52:56] アストロザイン: つまり女教皇だ

(彼女は“針”の有り処かを知っている)

57major_02

40 major_14


[5:53:14] アストロザイン: このふたりが合体してひとつになると

5554

[5:54:06] アストロザイン: 女教皇は女帝となり、つまり妊娠した女性となる

21major_03



[5:54:28] アストロザイン: そして男、つまりメイガスは

38  major_01




[5:55:12] アストロザイン: 皇帝=肯定=つまりスワミ(主)座った身となり
[5:55:17] アストロザイン: 父となる

19  01


http://typo.very7.net/files/fec48c87e367424edd8b6e06d236b978.jpg

[5:55:30] アストロザイン: そして本当の家族が形成され
[5:55:36] アストロザイン: ラバースとなる

02
major_06
リュウの道_05_329

[5:56:07] アストロザイン: 6までで人間界を意味し(666)
[5:56:22] アストロザイン: 7で神となり

0514

2903

[5:56:30] アストロザイン: 正確には
[5:56:44] アストロザイン: 神自体ではなく神の探求者となる

53



[5:57:14] アストロザイン: でも神もまた人間の父として我が迷い子を探している

5141


[5:57:45] アストロザイン: 光が限界を突破し、ヒトとカミとが出会うと

49

0482

60

[5:57:54] アストロザイン: 8となり


[5:58:45] アストロザイン: 物質の元素周期律表が形成され
[5:58:53] アストロザイン: 万物の多様性、ね
[5:59:05] アストロザイン: つまり八百万の神が生まれる

59

0483


      南無妙法蓮華経


0498
0499


さっきやっと、父からのラブレターが届いた

自覚していなかったのだ

私は父に罪悪感を持っていた

それをやっと自覚出来た。

世の中には父親との関係が悪くはない親子関係など
この世界にはきっと山ほどあるだろう


わたしの人生は母の
「お前はホームレスになる」
「お前はホームレスになる」

という連呼に対する復讐で気の遠くなるような自虐感を
長く長く抱えていた

自虐感というのは復讐だったのだ
比較し続け、縋りつくものを渇望し続けた母の狂気に対する
私なりの復讐だった。・・・・  それは自傷行為、自嘲行為という
屈折したかたちで私の人生をいたぶり続けた。


こんな残酷な親子のカルマのループは、いったいどれ位の人々を
苦しみ、際悩まし続けただろうか?

これは長く長く引き継がれたゲームに違いない

関係ない家は、それなりにあるだろうけれど、
やはり類友の法則で、そんな暖かい家庭というのをわたしは見ることはなかった

でもやっと終わったのだ、このくさびは断ち切られた

欠落感や罪悪感があるところに、「探求」がうまれる

そして数々の残酷なドラマが展開する

「許し」によって、魂は解放され、「探求」は消滅する


これから世界は光で満たされるだろう

このページのトップヘ