この都留さんの言葉に出てくる「ピンホール」という表現は
実に秀逸だとおもう。

私たちは見慣れた日常の中で、すっかり「世界とはこんなもの」
という狭い見方に慣れ、そして退屈している

しかし、科学の世界は、分子、原子、素粒子・・・っと言う風に
超ミクロ、超超ミクロ、超超超ミクロの世界が存在することを
報告している

一方天文学は、超マクロ、超超マクロ、超超超マクロの広大な
宇宙空間を報告している。

それがデタラメではないことは、夜空を見上げれば明らかだ

目眩がしそうな程の巨大な宇宙空間
その広大さはもう、絶対的に否定出来ない事実だ


私たちが退屈しきってトロンとした眼で眺めている、この目の前の
世界は、実はとてつもなく莫大な、荒唐無稽な、クレイジーな世界


さらにもっとクレイジーなのは、これら無限小から、無限大のこの宇宙が
ビッグバンによって無限に小さな凝縮された一点(つまりピンホール)から
爆発して始まったという説だ。

   (「ビッグバン説」はあくまでも仮説の域は出ていない
               と私は思ってはいるけれど・・・) でも

空間という得体の知れないものは私たちが想像を絶するぐらい
広がったり縮んだりするものなのだというのはほぼ事実のようだ

実際の所、空間の断面とは“平面”であり、空間上の様々なドラマを
記録したモノを“動画”とするなら、平面という断面は静止画像であり
“動画の中の一つのフレーム”であると例えられる


でも実際の所、空間というのは“物理的な”刃物で切断することは不可能だ

なぜ、空間は切断出来ないのか?
なぜなら「一体成形」だからだ・・・、

和尚ネオタロット:40.Wholeness    全体性
 (解説書はココをクリックすると別窓でテキストが開きます)

40major_14

この空間を支配する「密着(ぴったんこ)性」ゆえに、空間を切断出来る
刃物は存在しない!

刃物自体が空間の被造物 だからだ!

時空間とは「接吻と抱擁と交合との凝縮体」である・・・

  その仮説を元にすれば、
      宇宙の果てまで瞬時に伝わるシンクロニスティー現象や
       超伝導現象、タキオン粒子の謎などは、自明のことになる


では“どんな?”刃物なら切断可能かと言えば、それは“思考”である

都留氏>あなたの思考こそがこの宇宙の始まりであったことを思い出して下さい。

miner3_swords_01


物理的には不可能な実験が出来る・・・それが試行(思考)実験だ

なぜ、思考によってのみ空間の切断が可能なのか?

これをよく考えてみれば、驚くべき結論に達する
つまり上記都留さんの「思考が宇宙を創造した」という言葉は
正しいという結論に達する

エクスカリバーの「創造の剣」の伝説は真実を告げていたのだ!

空間とは思考の被造物なのだ!


こころというのはだから、物理三次元世界よりも、実は巨大なのだ

瞑想のある段階に行くと、この三次元世界が急に小さな「箱庭」の様に見え始める

じゃあその「外側ってどこなの?」と当然私たちの通常の意識は問う。

答えは「私たちの内側である」という荒唐無稽な、ロジカルには理解不能な
解答をせざるを得ない・・・  だからこれは実際に体験してもらうしかない

しかし、上記で述べたように、私たちの日常感覚では想像を絶するぐらい



ということを肝に銘じて欲しい


     「空間とは何か?」

この命題に正確な解答が出来たとき、私たちの寝ぼけたマインドはぶっ飛ぶ!!

わたしたちは自分の今世界を見ている意識というものの正体
気が狂わん程に、恐れおののく・・・・


OSHO、あなたは何故、そんなに一休について詳しく語る個tが出来るのですか?

OSHO: 実際私が詳しいのは一休についてと言うよりも
「自分自身について知っている」ということなんだよ
この言葉が、「なぞなぞ」なのでも「隠喩」なのでもなく
“そのまんまの事実”であることを理解した瞬間、
上記、都留氏の発言は畏怖を持って完全に理解されるだろう。



アカシックによれば、すでにエンライトメントしているはずのナザレのイエスの
輪廻転生者が、実はノストラダムスであると言うことらしい

すでに意識が存在全体との溶解へと帰ってしまった場合、その意識は
もう肉体をまとって帰ってこないというのはOSHO自身も何度も
証言していることだが、でも、「個人的なエンライトメントなどと言うものはない」
とも、何度も証言していることだ・・・  つまり、実際の所、この世界は
有限に見えるがそのバックボーンはすでに“無限世界”なのだから
「あり得ない」ことなどは「ない」のだ

ノストラダムスにせよマヤ・カレンダーにせよ、それは人々に恐怖を
まき散らし続けた当の主犯、キリスト教白人略奪文明によって、

「こわいぞ~~こわいぞ~~~」

「人類は滅亡しちゃうゾー、滅亡しちゃうゾー」

という「人類滅亡するする詐欺」に利用され続けた。

しかしもういい加減、この種の詐欺はネタ切れなのである。

また、真実の認知レベルも
もはや「後戻り出来ないレベル」に達した。

これが、確信なのである  ・・・人類神聖の ・・・人類新生の、核心だ。