8月17日、シャンタン氏にディクシャギバー(与える者)にしていただいた

バガヴァン師はOSHOからバトンタッチした人だと言うことだ

かなり前にyoutubeでバガヴァン師のビデオを見てすっかり惚れ込んでいた私は
シャンタン氏のその話には抵抗はない

しかし、このイニシエーションが終わった帰り道の新宿線車中から、
精神的には地獄が始まった

「みんなとハグしなさい」という、なかば強制的なサジェスチョン

ギバー(与える者)という言葉、
・・・シャンタンさんからは、「自分が与えるというエゴからではない」と
ちゃんと説明されたのだが、それでも“ギバー”という言葉には「やり手」
であることを強く感じる

ワンネス・リーグという言葉、
・・・う~ん“リーグ(競技団体)”ですかぁ・・・・これもかなり抵抗がある言葉です。
・・・OSHOの口からでは絶対に出てきそうにない言葉です。


まなじぃさんという、やはり尊敬すべき大先輩サニヤシンからも
「OSHOのサニヤシン達からはバガヴァンのディクシャグループは
強く反発されている」っときいて、ああなるほどねと思った

かといって、OSHOの“引き継ぎ手”であるサニヤシン達に対しても
昔から致命的な“違和感”があるので、どちらか一方の立場になりきる
気にならない

サニヤシンの中ではもっともオープンなまなじぃさんの無償の愛により
オーシャンさんを紹介していただき、そのあたりの違和感をぶつけてみた
ところ、かなり明快な回答を得られた

「バガヴァンのグループでも、何も判っていない人が多いよ」

「あなたが感じたハグの欺瞞性と心の痛みは正しい」

「要は、チェンバーで得られる答えにせよ
『自分自身こそがデヴァインなのだ』ってことなんだよ・・・」

  うっわー、さすがまなじぃさんからも「型破りなギバー」と
  聞いていただけあって、超特急な卒業式になった

ほんの数日で、バガヴァンのグループも、ある意味で駆け抜けてしまった
感がある。

瞑想とは何かと言えば、いろいろ表現出来ると思うが、
それは「内面とは何か?」という問いの解答とほぼ同じだと思う

     “内面”とは“場所”ではないと言うことなのだ

     “内面”とは確かに“原点”、“グラウンド・ゼロ”なのだが、
         三次元空間上のどこかの座標ではない

          “そこ”を指さすことはあったにせよ、
           それは方便、象徴、比喩に過ぎない





だから、
“外面(がいめん)”とは?、
・・・私たち日本人にとってはなじみがある仏教用語である
   “外道(げどう)”とは、じつはこの三次元空間上の「すべて」を意味する

http://livedoor.blogimg.jp/gocky_z/imgs/c/f/cfdb3682.jpg

つまり、じぶんというのを、あるいは自らの肉体のどこかのチャクラに
フォーカスして、一点の座標を特定したとしても、それは“消滅”してしまう。

なぜなら、そこには“有(特定の個体)”は存在しないからだ

そこには“間(ま)”がある

矛盾したような表現なのだが、“無”だけが“有る”

そして、この全宇宙空間「すべてのすべて」さえも突き抜けて、探求の指先は
その外側へまでも爆発してしまう。


OSHOの講話の中に、イエスがピラト提督に「真実とは何か?」と
問われるシーンを引用した話がある

ピラトはイエスの回答を待つまでもなくその場を去ったそうだ

それは、「そんなものあるわけないだろ?」ということだ

イエスは沈黙で答えた

OSHOの解説では、この沈黙とは
「解答すべき対象がばかでかすぎて返答不能だったから」だそうだ

つまり、私が以前書いた
「真実なんて無いよ」ではなく
「真実とは“無”である」ということと対応していると思う


これらは、「ギバー」とか「リーグ」という言葉には到底収まりきらない

じゃあ、「たとえOSHOが地球に帰って来たとして
何が出来るのか?
」っと言うことになる

ここにオーシャンさんの“型破りさ”あがある

OSHOはそもそも、「私はあらゆる宗教組織を否定する」と宣言した人である

しかし、開きメクラがほとんどの、この地球の住人達には、
ローレックスの時計や
11台のロールスロイス、
シーラの裏切り劇しか見えない

  OSHOとはなのだ


だから、ほとんどのサニヤシンも、OSHOの読者もそこを突破出来ない

だから、もしバガヴァンが本当にOSHOの引き継ぎ手なのならば、
OSHOのとてつもない究極のジョークも引き継いでいるだろう。

それをオーシャン氏は、あっさり言語化してしまったわけだ

「あなたが、デヴァインだよ(爆)」っと・・・

実はこれは、わたしの“密かな”解答と完全に一致している

だから、わたしは「自分がスターになっても良いけど?」っとなる

でも(可能な限り誤解を回避する為に言えば)
このスターというのは、特定の「選ばれし者」では無い

本当は誰もがそうなのだが、引き受けられる者がいないだけだ

本物の友情が可能なのは、
矛盾するように聞こえるだろうけれど
絶対的な孤独を引き受けられる者達だけだ

君に友だちはいらない
瀧本 哲史
講談社
2013-11-13



スターというのは、
十字架に掛けられる前から、十字架に掛けられた存在なのだ

スターというのは、
チャップマンに射殺される前から、
もう誰か熱烈なファンに射殺されることが決まってしまっている存在なのだ

ガンジーしかり、マルコムX、キング牧師、然り・・・

だからわたしも、手を震わせ、脂汗をかいて、「なってもいい」と宣言した

迷える子羊たちとは、いつも羊飼いを捜しているが
本当は羊の皮を被った狼なのだ
血に餓えた暴徒なのだ。

いつだって、次の生け贄を探している

その唯一の例外が天皇陛下と日本国民の関係なのだが
今後はどうなるのかわからない

ただし、もし誰もがスターになったのなら、この禍々しい十字架から・・・
スターは、王将は、免除されるし、この時代ならば、その奇跡は有り得る

ただ、そもそも何で
「羊の皮を被ったずる賢く無責任な、血に餓えた暴徒」どもに、
カワイイ自分の命を危険にさらしてまで舞台の上に立つ必要があるだろうか?


学ぶ気がないヤツなど放っておけばいい

56億7千万年を何回だって繰り返してりゃあいいじゃないか?
   ・・・それが望みなんだろ?
人生無償

逆に真摯に学ぶ気がある人は、どんどん勝手に先に進むだろう
わたしなぞ無用だ

もし、そうではない、どうしても私だけが持っている鍵があるのだとしたら
取りに来ればいい

なんでオレがチンドン屋に頼んで広告費を払って呼ぶ必要がある?

せいぜいこのブログぐらいで充分だ
気が向けばフェイスブックのシャンタンさんのところで暴れればいい(笑)


っということで、お昼寝の時間だ