もし、お時間があれば、ちょっとイメージしてみて下さい

5分間だけでイイです

3分、いや、時間がなければ1分でもイイです


「全宇宙の質量、全宇宙のベクトル、全宇宙の責任を
あなたがひとりだけで背負ってみる」というものです。

まあ、つまりアティーシャの瞑想の簡易版ですね!

和尚ネオタロット:38.Transformation    変容 
(解説書はココをクリックすると別窓でテキストが開きます)
38major_01

これは、はじめる上では勇気が必要です

だって全宇宙の重みですよ???   むりっしょ?wwww JK(常識的に考えて)

自分自身の事でさえ、普段は精一杯!!

女房、子供がいれば、パパとしてだけでも、もちろん大変!!

自分の親族、自分の家の回りの地域社会、自分が住む国家、
さらに拡げれば、この全地球の重み・・・

いやいや!、この太陽系、この銀河系、この宇宙全体の重み・・・

考えてみれば、多分かなり手前でペッチャンコになりそうな重みです!!


でも、イメージだけですから(笑)思い切ってやってみましょう・・・

すると気が付くはずです

中途半端が一番キツイって!!

「全宇宙の重み」まで行っちゃえれば、もうシメたモンです!

つまり、完全にホールドアップになるはずですよね?

なにせ、私たち地球人はまだ、惑星感の交流さえして始まっていないのだから
そんな宇宙の果ての、未知の世界までの重みなんて、背負えるわけないでしょ?

だから、もうグルジェフのストップ瞑想じゃないけれど、完全に凍り付いてしまうでしょう!!

も~~開き直るしかないんです(爆)


誰かが、あなたに突っ込んでくるかも知れません

「なんだって?お前さんがすべてのすべての、すべて~~の責任者だって?」

「じゃあ、このあいだ買ったばかりの新車が誰かに落書きされたんだけれど
それもおまえのせいなんだな?」

「おいこら!弁償しろ!!」


でも、あなたは開き直ってるので平然と答えることが出来るハズです

「ボクは全宇宙の責任者なんです」

「だから、あなたの車に落書きされた原因についても、わたしには責任があるのでしょう」

「でも、わたしには全宇宙の責任があるのだから、あなた一人に起きたことが
どうすれば、責任がとれるのか?私には解らないんです」

「果たしてあなたにわたしが新車を弁償することが、本当に全宇宙のトータルバランスに
とって、“良い”ことなんでしょうか?」

「それはあなたは近視眼的に見れば不当な仕打ちを受けたと思っているかも知れない」

「でも、あなたがどこかで行った不当な行為で傷つけたカルマが、
        あなたに返ってきただけかも知れないじゃないですか?」


全宇宙的責任というのは、あなたが瞬間瞬間いまここにいることなのだ

そこが、全宇宙のニュートラルポイント、グラウンドゼロなのだ

つまり、あなたは宇宙の中心にいるのだ。

もし、あなたが一瞬でも間違えたなら、その僅かな片寄りは
あなたの全細胞を木っ端みじんにするだろうから

1

2

3

4


5