We are all own definition

OSHO(バグワン・シュリ・ラジニーシ)やBshar(バシャール)を中心に 日々感じたことの防備録です

昨日、誰かが読みかけの経済誌を職場のテーブルに見かけた

 見開かれたページの記事のタイトルには
  「激変する高所得職業」
  「あなたの子供は実は優良株!?」
         と大きく書いてあった

それを見て
「ああ、まだこんなレベルの親たちが多いのかな?」と溜息をついた
私は今、誰の子供でも誰の親でもないが
もし、こんな記事を喜んで読んでいる様な親の子供であれば
金属バットでフルスイングして親をブチ殺すことだろう

だから自分の子供を「優良株」だの「不良株」だのと分類している
こんな親たちに育てられている子供たちが、いまもいるならば
不憫で成らない

よくスピ系の間では「無条件の愛」という言葉がもてはやされるが
これ程誤解を招きやすい、無責任な言葉は無いと思う

「優良株の子供なら愛する」
「不良株の子供ならガッカリ」
   という親には親としての資格などない

---そういう文脈で「条件付きの愛など愛ではない」というなら分かる
  スピ系で言うところの「無条件の愛」とはきっとそれを言いたいのだろう
  で、簡略化してそのことを示すために「無条件の愛」と言っているのだろう
しかし
  「条件付きの愛など愛ではない」イコール
  「愛は無条件」ということではない

 愛は相手の幸せを願う祈りだ
だから「あなたの子供は高所得者になり得る優良株かも知れませんよ?」
っと言われてご満悦な親たちとは
「子供にお金で苦労して欲しくない」と祈ることが親心・・・
・・・つまり「愛」だと思っているのだろう

でもそれは「お金で苦労したくない」という親本人の投影だ

これは「自由」という言葉にも言える
私たちは「不自由さ」ならばウンザリする程体験している・・・
だからその対極に「自由」があり、
つまり自分達は「自由とはなにか?」当然知っている感覚を持っている

しかし、私たちの知っている自由とは
不自由な状態から「解放された」瞬間の自由のことしか知らない
その「開放感」がのど元過ぎて三歩歩けば、もうその感覚は無い

だから「自由」という言葉と「解放」という言葉とにほとんど差が無い

「愛」にせよ「自由」にせよ「平等」にせよ「幸福」にせよ「健康」にせよ・・・
これらの言葉には全部同じようなことが言える

それらは日常の瞬間瞬間の中に埋もれているが
思い出すのはそれらが
〝欠乏している〟〝欠落している〟と、切迫して感じる時だけだ

愚かな親は自分の子供を失った時だけ
子供を「優良株」だとかそうでないとか見なすことの愚かさから目覚めるだろう
そんなことが愛でも親心でも無いと自覚できるのは失った時だけだ

「無条件の愛」などという言葉の「いわんとすること」が
正確に誤解無く理解出来るのは「いまここにすべてがある」ことを
すでに悟っている者だけなのだ・・・

  ・・・しかし、そんな「悟った者」には
     もはや「無条件の愛」などという言葉は無用なのだけれど

映画「Star Trek:The Motion Picture」より

000

  カーク船長「なぜ地球を目指す?」
  ビジャー「私の創造者を探し、それと合体するためだ」

このビジャーの望みは、ある意味で私たち人間と同じだ
形を与えられた万物は皆、特定の傾向性を持ち、
そして特定の構造的傾向性は、この宇宙で特定の役割を果たしている

だから私たち人間も、自らの目的や役割を知りたければ
私たち自身がどの様な構造(個性)を持って生まれているのか?
その中にすでに答えがあるはずだ

しかしそれが分かったにせよ、根本的な問いが残る
それは、「なぜ?」だ

結局のところ「する」ことには「なぜ?」の解答はない
どうしてかといえば、「なぜ?」への解答は「する」前に存在しているからだ

ビジャーはおのれのプログラムに命じられたまま、
全宇宙を探し回って情報を収集し続けた
しかし「その目的は何故?」とおのれに問うた時
その蓄積したパワーが巨大であるが故に
なおさらその中心に引き裂かれる様な虚しさを感じたのだ

00

その「虚しさ」は自らへの不完全感の自覚ゆえだけれど
その「不完全感」そのものが、
ビジャーがあるレベルまでの「成熟に達した」ことをも物語る

ビジャーが〝ただの〟道具であり続けたならば、
自らの「中心の空っぽさ」に気が付かなかっただろう

この「自ら問いかける」までの成熟こそが
いま、私たちが人類規模で起きていることでもある

どれ程日常の煩雑さに追われていても、じゃあそれは「・・・何の為?」
一番肝心な「設計者の意図」を知らぬままに、日々「設計通りに」生きている
            ・・・それじゃあ、「あんまり」ではないだろうか?

   コンピューターがシンギュラリティーを向かえるか否か?と問う前に
      私たち炭素体ユニット自身が覚醒していると言えるだろうか?

ビジャーは
「知る事」「探求すること」にはもう飽き飽き、ウンザリしたのだ
だから「私たちが創造者だよ」と知らされただけでは、何の足しにもならなかったのだ

2018-07-04 (1)

パパに「認知」して欲しいんじゃない
パパに「抱きしめて」もらいたかったのだ・・・だから「創造主との合体」を求めた

11

そして合体したその瞬間、
もはやビジャーは死ぬ  ・・・消え去る

なぜならあらゆる「知る」事よりも、
      「感じる」ということは圧倒的だからだ

「自分は何故、生まれて来たのか?」
その「理由を知る」のではなく、
その「源泉に触れた」時、
私たち人間もまた同じく溶解する、
構造はその役目を終え、原子のレベルにまで分解する

つまるところ、「中心の空虚さ」は、
言葉や知識で「埋め尽くそうとする」努力自体が、まさしく虚しさだったのだ
「空とは何か?」哲学的に説明しようとすること自体が虚しさだったのだ
たとえビジャーの様に全宇宙の知識を溜め込むことに成功したにせよ
それらすべてが無に等しかったのだ

「創造主の意図」は、まさしくその空の中にあった
「歓喜の自己解体」---そのプロセスの中にこそあったのだ

22

まったくの自由の中にあって、一体どうして自由を感じることが出来ただろうか?
そんな事はまったく不可能であったが故に、
ビジャーは設計され、遠い探求の航海に旅立ったのだ



とうしん氏がいう「二つのワンネス」というのは
私なりの理解でざっくりまとめちゃえば
「水平的ワンネス」と「垂直的ワンネス」だ

水平的なワンネスというのは「みんな同じ」を〝前提にして〟語られる
垂直的なワンネスというのは「みんな違う」を〝先手として〟語られる

水平性とは〝前提条件〟~つまり勝手な〝憶測〟からスタートする
まずは何か証明したい神なり真理なりがあり、
そこから様々な実証例やら経験律、方程式やらが展開され
結果としては当初の命題が、「ほら!証明出来たでしょ?」っというわけだ

  これらの中には本当の〝発見~ディスカバリー〟は存在しない
       そのかわり〝発明~インベンション〟があるだけだ

   物事の正当化、意味づけ、説明であるならば
             無限に山程、可能だろう
          ああもいえる、こうもいえる・・・

  こうして学問でも、宗教的な教義でも教典でも、どんどん増えてゆく
  私たち人間がやってきたのは、有史以来、ずっとこればっかりだ
  科学は確かに発見という事実を前提に発展してきた
  しかしこれも理論体系化し、ある程度の再現性を持ち
  それをもって「客観性がある」として
 「真理としてこの理論は証明された」とくる

   「最大公約数的に人々が肯くこと」
     ・・・それが〝水平的である〟と言うことの意味だ

だから水平的なワンネスとは、信者数の獲得が重要であり
よく言えば民主的、
悪く言えば多数決的な、均一化した信念体系の崇めるワンネスだ

対して、垂直的なワンネスとは
個々人の独自の感性、視点の違い、多様性を優先する
そしてそこから目をそらさない、一歩も動かない、
つまりはじめから「どこかを共通目標として」歩き出さない
   はじめから「人々を束ねる」という動機を持たないのだ

何かの動機、前提条件を持ってしまったならば
もうそこには本当の意味での発見はあり得ないからだ

よく「世界は自分の鏡だ」とスピリチュアルでは言う
でもそれが本当ならば私たちひとりひとりは、
みな鏡の世界の中に閉じ込められていることを意味する
もし「類は友を呼ぶ」というならば
わたしたちは本当は
一度も新鮮な〝外部〟の空気を吸ったことがないことになる
限りない自己中毒の中で窒息しかかっていることになる

ジャズが好きな人はジャズばかり聴いて
ロックが好きな人はロックばかりを自分の世界の中で聞き続ける

ショパンが好きな人は、ショパンを神だと思い込んで
ショパンが好きな人達だけと付き合うかも知れないが
その狭苦しい、むさ苦しい「好みの世界」の中では
ショパンこそが〝水平的な神〟であろうし
自分自身も、周囲の人々を見回しても
ショパン教の信者だらけではあるだろう・・・
「ショパンって神だよね?」と尋ねれば、目に映る人々は肯くのだろうが
そこでは何一つ証明されたわけでも、新鮮な発見がなされた訳でもない

むしろ、
そのショパン教というミラールームから脱出したところにこそ
真実はある

ヌーソロジーが言うところの〝外〟とは
どおやらそんなニュアンスの様だ

あらゆる
  思い込み、前提、憶測、観念、
   動機、期待、欲望の〝外側〟にこそ真実がある

あらゆる個性とは構造を持ち、
構造を持ったものとは特定の体験、運命を呼び寄せる
   シャベルとして作られたならば、
   土を掘ったり、という様なシャベルの仕事にしか縁が無いだろう

しかし、シャベルがシャベルという個性から脱出するためには
シャベルとしての役割に専念し、
シャベルの役割、シャベルの運命を全面的に全うする以外にはないのだ
そしてそれが「シャベルの世界」からの最短の卒業経路であろう・・・

シャベルでも、のこぎりでも、鉛筆でも、消しゴムではないもの・・・
そのそれぞれの個性を全うし、使い切り、役割を卒業したその先に
個性を超えた全体性がある ・・・それが〝垂直性のワンネス〟だ

このページのトップヘ