We are all own definition

OSHO(バグワン・シュリ・ラジニーシ)やBshar(バシャール)を中心に 日々感じたことの防備録です

青年時代の思い出を二つほど・・・

私が中学生の時 我が家には白い中型犬がいた
性格は優しく穏やかで 従順だった
特に私に懐いていたので 散歩は私が担当することが多かった
この子は性格は良かったんだが 今一つ観察力には欠けていた
道の端っこを通りたがったから鎖を持つ私との間に
よく電柱が絡まってしまい、それごとに散歩は中断される
・・・当時まだ中学生で思いやりがなく短気だった私は
   この状態になるとよくこの子に腹を立てて叱りつけた

 従順だったこの子は叱られる毎(ごと)に、
 「自分がなぜ 叱られているのか?」
 洞察するよりもしょんぼりとうなだれてしまい
 ますますキチンと前を見ずに歩くために
 ますます障害物にチェーンが絡まってしまった・・・

飼い犬にとって唯一の生きている喜びを実感できる時・・・
待ちに待ち焦がれた「食事」と、そして楽しいはずの「散歩」なのに・・・

いま思い出しても
「ひどく冷酷な飼い主だった私自身の姿」を思いだし
      胸がシクシク痛む思い出であると同時に
あの子のうなだれてあるく姿は私が作り出した
「もう一人の孤独な私」
「いつも切羽詰まった感情で苦しんでいた中学生の私」
であったとも思う・・・

  もうひとつの思い出、
   それは「我が家の雰囲気」全体だった

我が家にいつも蔓延していた緊張感とは、一言で言えば
「家族の一員であることに伴って存在する“義務”」の意識だった
父も母も極めて真面目(であろうとした)夫婦だった
元財閥系の厳めしい体質の企業に家族の生活はすっぽりと包まれていた
文字通り「ゆりかごから墓場まで」「世間体がすべて」の生活だった
その中で気が狂わんばかりだった長男の私は
「我が家の恥、汚物」として生活していた
わたしは
「やむをえず育ててもらっていた」長男だった
そしてその私自身にとってそれが
「家族とはなにか?」というモデル、プロトタイプのイメージとなった
私という存在は「生まれながらの失敗作、家族の不適合者」であり
そしてその背後にある概念とは「失敗は罪である」というものだった

多分私の「正解への執念と怨念」はいまも人並み外れたものだろう
それがいままでの私を作ってきた

ここまで読んでくれた人はもうお気づきかもしれないが
このふたつの私の思出話は深くリンケージしている

私のいままでの人生は「失敗への恐れ」に満ちていた
そのことを遠い過去の思い出であった白い犬「チロ」の、
私に叱られたときの悲しい目がずっと訴えかけていてくれたのだ

よく「親のひどい欠点を自分は絶対繰り返すまい」という決意が
見事に自分自身を裏切り、
親とそっくりの欠点を自分自身に見いだして愕然とする・・・

そんな話を聞いたのみならず実体験している人も多いのではないだろうか?
でもまさしくその「決意」こそが・・・
「親と同じ失敗は絶対に繰り返すまい」という自らの強迫観念こそが
まさしく私たちに「親と同じ失敗」へと導くのだ


物事を徹底的に、絶対的に理解できたことを
日本語では「骨身に染みる」と表現する

自分自身の中心との対話、真我との対話とは
つまりは自らの骨を感じることだと思う

途中、緊張が抜けていない筋肉や、
ねっとりと骨にしがみつく筋膜などが
血行不順を引き起こしつつ、自らの骨にたどり着くのを阻害する

私達の外界に対して過剰防衛しようとするマインドの働きが、
このような骨の周りのブロックを蓄積し続けてきたのだ

もし100%の能力を発揮したいのならば
私たちは0%の状態を保持しなければならない

もし私たちが寝ても覚めても
30%の緊張を常に手放せないでいるなら
私たちは70%のポテンシャルしか発揮できないからだ

「骨身にしみた理解」のみが、完全な脱力を可能にする
そして完全なリラックスによってのみ
本当の自分自身との出会い、対話、理解を実現させてくれる

それが私にとっての「健康」という言葉の定義そのものだ

ハチコマくん

人工生命体

夢や理想も目的もなく、
何も期待せずに生きている人と
・・・私はいままで出会ったことはない

誰もがどこかに辿り着こう、
今の自分は何かが欠乏、欠落している、
という罪悪感に蝕まれている

夢の実現とは
夢との一体化、合一化を意味する
たとえば「お金持ちになりたい」と言った場合
大金を手に入れれば夢が実現化したことになるだろう
でもお金と一体化、合一化出来た人などいない

一級建築士になりたい人が
一級建築士のライセンスを取得することもある
でも一級建築士というライセンスと一体化したわけではない

一般的に「夢の実現」の多くは、お金も含め
世間からパーミッション(許可、権限)を得ることを意味する

でもライセンスや栄光、権力は、
社会から取得出来ても一体化は出来ない
「後から得られたもの」とは「あなた自身ではない」という
自明の理があるからだ...


それらは一時的、部分的なもので
それらは自分の肉体、健康を中心に
維持し、守り抜く努力をしなければ
すぐに過去のものになってしまう

夢の我が家を購入する人もいるだろう
でも物理的に得られた家が「我が家」になる事は決してない


この「欲しい」「実現したい」「引き寄せしたい」という
餓鬼の世界が延々と続いている

だれもが本当に望んでいる究極のものは
マイホーム・・・永遠の安らぎの場であるハズだ

しかしその「究極の目標」を自覚している人と
何故か出会ったことがない・・・・

瞑想を試みている人達でさえ
どこかに辿り着こうとジタバタしている

わたし自身も
ずっとコンプレックスだったことがやっと自覚出来た・・・
それは「理想も、目的も、夢も全く持てない自分の異常さ」だった

ひょっとしたら
そういう人は他にも居るかも知れない!?

ひょっとしたら
誰もが私と同じなのかも知れない!?

でもそれを人に尋ねるのはとてつもなく
私にとって気まずいことであり
訪ねられる人を怖がらせることだという確信がある

誰もがどこかに向かって無我夢中で突進しているのに
それに冷や水をぶっかける様な問いなのだと思う・・・
みんな楽しそうじゃないか?
なのにそのオモチャを私が取り上げる権利があるだろうか?

わたしが真の友と呼べる出会いが今までなかったのは
多分それが原因なのじゃないだろうか?

実際
  私は「真の友」と出会っていなかったのだろう

実際
  誰もが〝潜在的には〟「真の友」だと思う

つまり
 「夢や、理想や、目的に従属し続け、
  人生を浪費したいと思う人など・・・」

     この世には本当は誰ひとりも居やしない!
  
でもそんな自分の本音を「いっちゃあオシマイだ!」ということ・・・
これらのナンセンスな椅子取りゲームが全部消滅してしまうこと・・・
も、皆知っていて、そして皆恐れているのだ
皆が本当の自分自身から逃げ回って、そして目的やら理想を追い求め続けている

46.Serching,Seeking,Questing
    探すこと、求めること、探究すること



この確信を得た時
わたしは自分自身が自分で冬眠していた破壊神、デビルマンである自覚をもった

このページのトップヘ