We are all own definition

OSHO(バグワン・シュリ・ラジニーシ)やBshar(バシャール)を中心に 日々感じたことの防備録です

私はかなりの重度のアスペルガーである

だから、自分に正直なことだけが、最大で、絶対的な価値であり
その為に他人を傷つけてしまうことが多々ある。

こうやって、ブログに「わたしはアスペで...」っと公表してしまうこと自体が
アスペのなんたるかだろう

甘えかも知れない、そんなことをいきなり告白して、読む人を困らせてしまうことを
しかし赦して欲しい!

わたしの星の中には「ヌーディズムに心理的解放を見いだす抑圧された女」という
サビアン・シンボルが存在するが、まさしく、これは一種の露出狂なのだろう。


でも、肉体が若く美しい女性ならば、そんな町中を全裸で歩くことも、男性達の
眼の保養になり、その実は楽しんで貰えることだろう。

残念ながら、わたしは男の肉体に生まれてしまったので、その様なかたちで
男性達を楽しませることさえ出来ない。

しかし、わたしの〝ヌーディズム〟が、何らかのかたちで、ひとびとを楽しませる可能性だって
あるかもしれない


OSHOは、「おおいなるイエスマンになりなさい」と言った

それは、あらゆる過去、現在、未来の、瞬間、瞬間に対して

    「未完成なものはひとつもない」

っという宣言なのだとも、言えるのではないか?

わたしのヌーディズムも、単なる狂気、異常性、倒錯なのかも知れないが、
それすらもまた、この「イエス」によって赦されることを願う。


アスペルガーである私にとって、自分自身に「イエス」と言うことは、気が遠くなるほどの
ハードル、恐怖、だ。   それは冒頭に述べたこととまったく矛盾すると思うが....

自己受容とアスペとは、ひょっとしたら原因と結果、目的と手段なのかも知れない

アスペとはうぬぼれ(自己愛への耽溺)とは全く違う

「他者と比較して」どうこうというより、自分の精神世界の中に「他者が存在しない」のだ

ただ、自分の痛みから他者の傷みを必死に〝連想〟するしかない。

しかし、「アスペではない」人達というのは、「連想するまでもなく解る」らしいということが
おぼろげな恐怖とともになんとなく理解出来る


人のこころがどこにあるのか?、それに自分は気がつかず、全く見えず、あっちでぶつかり、こっちでよろめき

   ....それでも、そんな自分を肯定出来るのか?一体、許されるのだろうか?

   そう考えると、気が遠くなる様な目眩を感じるのだ

   ....それでも、....

           
〝それでも〟ということが、アスペルガーというこころの盲目に生まれた者の
              最後の試練なのかも知れない

それはユダヤの民の“バビロン捕囚”からだろう

それまでも、“強きが弱きを隷属化する”どらまはあったのだろうが、
それは、ある意味での自然淘汰だったともいえる。

しかし、ここに「神に選ばれたハズの」人々が、奴隷化されるという事態が起きた。


つまり、「信仰が現実に屈服した」瞬間が訪れたのだ。


この瞬間から、イルミナティーの歴史は始まったと言ってもいいかも知れない

イルミネーションとは、「太陽の光」ではない
クリスマスツリーの様な、「闇の中のキラキラした光」のことである


まず、「この世は闇だ」という認識があり、
そして、「われらはこの闇の中で光を求める」という探求の旅が始まる


OSHOは何度も「Don't Search !!」(探すな!)と言っている
つまり、「探す」と言うこと自体が、「いまこことは闇だ」と言い聞かせていることになるからだ

ナイト・アンド・デイ...すべてが闇に包まれ、光が気の遠くなる様な彼方のような時もあれば
すべてが太陽の光に包まれ、闇がむしろ人々の憩いとなる様な“木陰”である時もある。


イスラエルという国名はそもそもは「水晶の国」という意味なそうな....

「われらは選ばれた民である」と言うことの意味を、表層的に解釈するならば
それは優越感、選民意識である。

サンバディーであること、...何者かであると自分にアイデンティティーを冠する
ことは瞬間の快楽を与えてくれる。  いろいろなものが「特別に」付与される特権が
保証される様に見えるからだ。

だが、もしそのとおりだとしても、そこにはとんでもない、とてつもない“代償”があることに
遅かれ早かれ、人は気がつく。


人の高みに登る者、孤独の罰を受けるべし.....


〝王〟というのは、〝特権者〟〝権威者〟というものは、本質的に
凡庸なるひとびとの依存性の「いけにえ」なのだ


彼らは常に、指導者、オピニオンリーダー、教師、救世主...いけにえ、をもとめているのだ

そして、そんな「奴隷になりたい」ひとたちの為の奴隷、いけにえ...それが、王、であり、神の選民なのだ


しかし、それに気がついたときには、もう「神の座」から降りる為のはしごは、とっくに外されている
あるのは登り詰める為の階段だけ、そして、その頂上にあるのは、十字架だけだ。


選民意識、救世主、特別な誰かさんであるということは
永遠の死の恐怖への隷属を意味する



「にげよ、にげよ、すべてのジュネーブから逃げよ!」
ノストラダムスの警告が、聞こえる

それは快楽と不安の魔境(六本木)
その代償は、奴隷と支配との連鎖

このページのトップヘ