We are all own definition

OSHO(バグワン・シュリ・ラジニーシ)やBshar(バシャール)を中心に 日々感じたことの防備録です

私のOSHOへの尊敬の念は、
わたしに2人の古株のサニヤシンへの尊敬の念を抱かせていた
しかし、それは私に大きな精神的な足かせとなっていた

でももうその足かせから、今夜自由になった
「アウェイクニング・コース」と銘打ったセッションで
芭蕉会館の一室に、ある意味軟禁されていた私は、
そのセッションの最後に「望まないハグ」を強制された
自然にわき出た感動からではないハグだった
儀礼的な、欺瞞に満ちたハグだった
嘘の体温を交わした、相手も自分自身のハートも裏切る後味の悪いハグだった
それをわたしは醜い老人の支配欲のために妥協してやってしまった
私の人生における最大の嘘、最悪の裏切り、最低の屈辱だった

今夜その最悪の思い出を、やっとこさ払拭出来たようだ
その軟禁状態での強制されたハグを、
単に私は「拒絶すれば良かった」だけなのだ
そういう意味ではその老人自身が言ったように
「誰の性でも、ありませ~~ん」なのだ (でも自分で言うなよ!自分で!!)
なぜ2万円を払ってまで
フレンドシップを〝強要〟〝命令〟されなければいけなかったのか?

いまなら彼のカルト性を断罪出来る
今までそれが出来なかったのは彼がOSHOの日本における最古参の弟子であり
(やはり敬意を抱く)バガヴァンのところでの異色のリーダー格であったことが
わたしの判断をずっと曇らせていた

 ・・・私のお得意の〝批判精神〟が、
     OSHOやバガヴァンの威光の影で
      その白い髭の老人に対しては、いささか鈍っていたのだ

わたしともあろうものがコギャルじゃあるまいし
恥ずかしくも「ブランド」に目がくらんでいたのだ

現在の彼に関しては私は知らない
しかし過去に受けた仕打ちは忘れない、また許す気も無い
彼は自分を信頼して集う男女が密室の中で受けた命令が
どれ程強制的な意味を持つのか?その自覚がない限り
私に謝罪するつもりはないのだろうから・・・
そして自分の欺瞞性もたぶん、まだ自覚してはいないだろう

だからいまや私もキッパリと断言出来る、
「もうあなたのあの2014年の時の命令の影響から、今夜限りで出て行く」と

覚えておきなさい
 完全に「NO!」といえる自由がある時だけに、
   あなたは初めて
  完全に「YES!」という事が出来るのだ   BY OSHO

Noという権利を相手の外堀からじわじわと奪っていって言わせたYesは
  本当の肯定ではない・・・、
   全面的な肯定、自然な肯定では決してあり得ないのだ

エンライトメントの究極の核心にあるものは
肯定的(ポジティブ)な光ではなく
否定的(ネガティブ)な闇だ

By OSHO ※ 太母さんの訪問に際しての問いに対する答えより

全てへ肯定、この世界のあるようにあることの全ての受容
それはまったき光だ

だからエンライトメントとは
完全なる光の宇宙への溶解であるというイメージが強い

しかし、「うん、それはそうだね」と言った時、
「それ」とは紛れもなく自分自身ではないことを意味する

 〝絶対的受容〟とは、〝一体性へと溶解すること〟に見えるが
 〝それ〟を〝受容する〟という行為、それ自体が
 「わたしは〝それ〟ではない」という絶対的な否定をバックボーンにしている
 「受容しうる対象」とは、「いまここ」と距離があることを示唆している

肯定、つまりポジティビティーとは、
それ自体が静的なものではなく動的、活動的なものだ
だから「受容します」といっている「ポジティブな私」の主体とは
不動なもの、静的なものであるはずだ・・・・

そして、「マイホーム」ともいうべき「アイアム」が
動的であったり流動的であっては、それは到底「ホーム」とは呼べないのだ

つまり全てが動的、全てが流動的なこの世に在って
〝我が家〟とは「光ではなく闇・・・」純粋な、完全な「暗黒」でなければならない

静寂も、安らぎも、あらゆるものへの受容性も・・・、

   それらの源泉とは「純粋に黒い点」
   ・・・ありとあらゆるものへの絶対的な拒絶、無為と沈黙だ

「男性は私たち女性の肉体だけが目当てなんでしょ?」という
女性が男性に抱えている根本的な疑惑と葛藤、嫉妬と不安・・・
その正体についてのわたしなりの仮説を立てたので、
このOSHOの発言の紹介をしたあと、解説的にあとで別記事に書く予定です
ご期待下さい

983685_708674819199136_697816957908139153_n
たとえば、
ひとりの婦人が私のところへ来た。
私は長年彼女を見ていた。
彼女は私のところへ
長年にわたって来ていた。
初めて彼女が来たとき、

彼女は、
自分はセックスに
まったく興味がないのに
彼女の夫は
ひっきりなしにセックスを求める、
と私に言った。

彼女はそのことで非常に気分が悪かった。
彼女はほとんど吐きけをもよおしていた。
「どうすれば止めさせられるでしょう? 
 私は何をすべきですか?」
と彼女は尋ねた。

私はその夫に話し、
夫に言った。
「ただ一か月間、
 性的に興味を持たないように。
 一か月後には事態は良くなり、
 変わるだろう」と。
一か月間彼は私に従った。

その婦人は再びやって来た。
彼女は言った。
「私は非常に
 傷つけられたように感じます。
 というのも
 私の夫は性的に
 まったく私に興味を示さないのです」

そこで私は言った。
「あなたは何が起こっているかを
 理解しなければならない。
 夫が性的に興味があるときには、
 あなたは夫に対して
 あるパワーを持っていた。
 あなたはそのパワーを楽しむが、
 同時に自分は
 利用されているとも感じる。
 というのも夫はあなたを
 性的に見るからだ。
 つまり彼はあなたを
 ある満足の手段として見ることになる。
 あなたは利用されていると感じる」

ほとんど全ての女性は
利用されていると感じる。
そしてそれが
彼女たちにとっての問題なのだ。
しかし夫が興味を持つことをやめれば、
彼女たちは利用されていることについて
すっかり忘れ、
恐れるようになる。
そして彼女たちは
夫が遠くへ離れて行くと考え始める。
すると彼女たちは
夫に対してもはやパワーがなくなる。
彼女たちは夫を所有しない。

そこで私はその婦人に言った。
「ちょっとその事実を見てみなさい。
 もしあなたが夫を所有したいなら、
 あなたは夫に所有されなければならない。
 あなたが夫を所有したいのなら、
 そのときは
 あなたは彼に
 利用されなければならなくなる」

所有欲の強いマインドは所有される。
何かを所有することは、
それによって所有されることになる。
多くを所有すればするほど、
それだけあなたは
自分のまわりに
隷属を作り出すことになる。

自由はあなたが
所有欲を捨て去るときにやってくる。

あなたが所有欲を捨て去るとき、
そのときあなたは
誰に対しても
いかなるパワーも求めていない。

そうなれば嫉妬は起こらない。
そしてあなたが
相手を所有しようとしないとき、
あなたは自分のまわりに
美しさをかもし出し、
相手はあなたを
物として見ることができなくなる。
あなたは人になったのだ。

栄光にあふれ、
活気に満ち、
キラキラと輝き、
あなたは自分自身を照らす光となる。
誰もあなたを所有することはできない。
誰であれあなたに近づく人は
素晴らしい美しさを感じるだろう。
そしてあなたの存在を
ものとして考えることはできなくなる。

今では全ての女性が苦しんでいる。
それというのも
まず第一に所有したいからだ。
所有したいと思うとき、
所有される。

所有されると、
「私は利用されている」
と感じる。
もし利用されないと、

その時はパワーが
消えてなくなっていくと感じる。
そういうわけで
女性はいつも苦しみの中にいる。
そして男性も同じことだ。

問題を深く見ていくことが
癒されることだ。
なぜならその見ることが、
あなたは
ある間違ったトリックを
学んでしまったのだということを、
あなたに明らかにするからだ。
捨て去れば……
ヒーリングがある。

人びとは精神的に病んでいる。
なぜなら
彼らは間違って
条件付けされてきたからだ。

誰もが競争するようにと
条件付けされ、
誰もが静かにしているように、
穏やかでいるようにと
教え込まれてきた。
これはばかげている。
あなたは
両方でいることはできない。

あなたは
競争的であるときは
あなたは
緊張したままでいることになる。

あるいは静かでいて、
穏やかで愛情深くあるかだ。
そのときはあなたは
競争的であることができない。

あなたは二分法を教えられてきた。
あなたは二つの方向に
一緒に動くようにと教えられてきた。
そしてあなたはそれを学んだ。
あなたは謙虚であるようにと教えられ、
そして絶えずエゴイスティックであるようにと
教えられ続けてきた。

社会は矛盾し、
無節操であり続けている。
そして社会はあなたに
完全に間違ったことを教え続けている。
そして病気が生じる。
そしてあなたの内側に
精神の混乱があり、
あなたの内側に
矛盾衝突がある。
そしてあなたは
何もかもが無秩序で
めちゃくちゃになる地点にやってくる。
あなたはマスターのところへ行くか、
サイコセラピストのところへ行くかだ。 

Osho - Come Follow Me

このページのトップヘ