We are all own definition

OSHO(バグワン・シュリ・ラジニーシ)やBshar(バシャール)を中心に 日々感じたことの防備録です

いわゆる〝危険ドラッグ〟を試したことはあるだろうか?
種類は無数にあり、もちろん所持するだけで非合法なものもあるが
その個性は様々だが、いわゆるサイケデリック・ドラッグとは一様に
〝意識の拡張剤〟である

アルコールだって広い意味では
「気がデカくなって笑い転げたり、ケンカをふっかけたりする」という点では
サイケデリクスという程ではないが、紛れもなくドラッグの一種だ

なので、普段は矮小化されたり無意識のうちに抑圧された、いわゆる
潜在意識~サブコンシャスの部分が表に出て来る・・・

・・・そういう意味では、「自己発見」の為の一助ではある
わたしも数年前はずいぶんのめり込み、溺れきって命も危うかったが
結局のところは、〝飽きた〟ことによって無事に生還できた

・・・もちろん、どんどんエスカレートして廃人に成り、命を落とす人が
   世界中で山程いるだろう

   なのでわたしは自分が「なぜ生還できたのか?」ずっと疑問だった

  ひとつには「自分自身と向き合うコツを掴めたから」不要になったとも
  自己分析していた

  今日新たにひとつの仮説をここに書き残してみようと思う

ドラッグにせよ、あるいは宗教的な修行にせよ、
それは〝追求だ〟という点では実は共通点がある

快楽や脳内の幻想を追い求めるにせよ、神の御心を追いかけるにせよ
「追い求めている」ことにおいては同じなのだ

しかし、
「求める」のはいずれにせよ男性原理のなせる技であり
女性原理は「与える」ところにそのポイントがある
そしてドラッグで得られる快感の〝限界〟も、この男性原理の中にある・・・
・・・と言うのがわたしの仮説だ

快感の原点は「女性原理」にあるのだと思う
だからドラッグで陶酔、至福感を得ようとすると、
その「得ようとする」のは男性原理だが、その目的は女性原理への到達にある

快楽というものを極限まで究められるのがドラッグ体験の凄まじいところだ・・・
その行き着く先は「エゴの崩壊」であり、「人格破綻」「廃人」だ

強烈な快感に至る上でもっとも邪魔なのが、自我という境界線で
「行こう」とする意思そのものが「行かせない」という障壁になる・・・
この境界線を突破した先にはもう「守るべきものがない」状態になり
「すべてが解放された」「アンコントロール」な状態になる

a

だからドラッグにせよ宗教的な求道者にせよ、
何かの「志し」に生きる者達にせよ
彼らは皆、広い意味では〝自殺志願者だ〟といえるかもしれない

・・・その先には間違いなく「破滅」が待っているのだが
   そもそもそれが「望み」である人達にとって
   その「炎に飛び込む夏の虫のような狂気を
   世間から「愚かだ」と揶揄されて
   かれらが思いとどまるはずはないのだ・・・

阿羅漢(ストレートに悟りを求める人)とはそういうことなのかも知れない
彼らが飛び去ったあとには、痕跡は残らない、道は残っていない
飛び去ることだけが目的だった彼らは、そんな事には頓着しないのだ

しかしOSHOは、
「出来るならば私の人達には菩薩道を歩んでもらいたい」と言い残している

阿羅漢が男性原理の究極として「無への帰還」を成し遂げようとするのに対し
菩薩道は「この世との接点」を残す、・・・後から続く人達に慈悲を残す

菩薩道とは阿羅漢と正反対の、実に女性的なコースだと思う
それは「与える」原理に則った、一見「損」で「遠回り」な選択なのだけれど
でも、あながちそうではないかも知れない

「快感を求める」のではなく
「快感を与える、・・・ことが悦び」という姿が菩薩道だ

ある意味では〝慈悲〟とは「美しい嘘」と表現できるかも知れない
確かに阿羅漢のような「真実一路!一直線!」のプロセスには
           「嘘偽りは全くない」のかもしれない

 ・・・そこには「徹底した〝独り在ること〟~アローンネス」がある

「弟子とマスター」といった慈悲で繋がった関係とは、その点「甘い」・・・
          そこには「甘い方便」「スウィートな関係性」がある

しかし、
本当には「得る」ことではなく「与える」ことにこそ至福の本質があり、
本当には菩薩道とは「人(弟子)のため」ではないのかも知れないのだ

つまり阿羅漢よりも菩薩の方が、
本当のところ〝欲張りな選択〟なのかも知れない ・・・っと

それはまるで、
直球ど真ん中を語るクリシュナムルティーと
様々な変化球が得意なOSHOとの違い、そのもののようだ

今朝、こんな夢を見た・・・

それは「聖なる人々」と「邪悪な異星人達」との熾烈な闘いの物語だった

そこには実に詳細な設定と綿密なドラマがあったのだけれど
残念ながら夢なので、その詳細部分は忘れてしまったが
しかし、そのラストシーンはハッキリ覚えていた

地球人の大人の姿をしていた「聖なる人々」は
最後には「邪悪な異星人達」にどん詰まりまで追い込まれてしまい
最終手段として聖なる人々は、もう普通の地球人の姿でいることが出来ずに
かれらの本来の姿である4人の少年少女の姿に戻って
「邪悪な宇宙人」達の攻撃に光のブレードの様なもので
応戦していた・・・

しかし不意を突かれてそのリーダーである少年は遂に背後から捕まってしまい
もがく彼を取り押さえた邪悪な宇宙人たちは、白い液体を
嫌がる彼の口に強制的に流し込んだ・・・

・・・どうやら単に少年を「殺す」のではダメで
かれら異星人達はその少年を生かしたまま、その液体を飲ませなければ
勝てなかったようだ・・・しかし遂に彼らはそれに成功した!!

不気味な異星人達は勝ちどきの声を上げた

「やったぞ!遂に光の王子に〝嘘〟という劇薬を飲ませた!」
「これからこの宇宙は
  〝嘘〟がどんどん広がり、浸透し、支配していくのだ!!」

 ところが彼らが王子に飲ませたのは、
  何とただの〝牛乳〟だったようだ・・・

わたしは彼ら宇宙人達に尋ねた
「なぜその液体が嘘つきになる劇薬だというのだ?」

彼らは意気揚々と返答した
「だってそうなのだと中国人達から聞いたぞ?」

王子の仲間であり、王子のガードに奮闘していた残り三人の
〝光の戦士達〟は万策尽きたようにガックリとなってうなだれていた

それを見届けた宇宙人達は意気揚々と引き揚げていった・・・

その夢の最後のシーンで、
私は吹き出しそうになる笑いを必死にこらえていたのをハッキリ覚えている

「牛乳が嘘つきになる劇薬だって?」

「そう中国人から吹き込まれ、必死に闘っていた、
       何とも憐れな〝邪悪な〟宇宙人達!!!」

つまり彼ら自身が、「嘘とは何か?」知らなかったのだ
そして「中国人の多くが嘘の達人である」ことも・・・

しかしその場で、
わたしは決して笑い出してはいけなかった
三人の護衛の天使達といっしょに
ガックリと「してやられた」演技を通さなければいけない

・・・もし万が一、その邪悪な異星人達が真相を知ったならば
      この長く激しい闘いが蒸し返されることになるから・・・・

そして
・・・かくして宇宙の光と、平和、秩序、神聖は保たれたのだった

             ・・・何と!「中国人の嘘」によって

22_03_13_07

今朝、夢を見た

夢の中で、私は久しぶりに占い師をしていた

ひとりの女性の相談者が20もの項目の相談をワープロにまとめて
私に渡した

その第一項目の質問では、彼女の様々な傷ついてきた半生が
蕩々と語られていた・・・

わたしは(自分でも見たことが無い珍しい)タロットカードをシャッフルし、
そのパイルから一枚を取り出した

その絵札は「ヴァイオレンス:暴力」というタイトルだった

私は相談者に告げる
「あなたは20もの質問をしてきているが、
 この最初の問いと答えが最も重要で、
 ここから続く様々な19の質問も
 すべては『暴力とは何か?』がキーワードになるでしょう・・・」

・・・そう回答したところでその夢は終わった

目が醒めてはじめに浮かんだ言葉は「志し」である

果たして「志し」とは、
人生の理想や目的や、その他の信念体系なのだろうか?
      ・・・・・そうでは無い様に思う

「志し」とは「もののふのこころ」と書く
     「武士道とは、〝死ぬこと〟と見つけたり・・・」

   しかし、〝死ぬこと〟とは、〝目的〟とはなり得ない
   「生き残る:サバイバル」ならば、確かに〝目的〟となり得る

   つまり武士道とは、〝目的指向の反転〟である
   「死中にこそ活がある」ことを間接的に指し示しているのだ・・・


  成果主義、結果指向である時、人は誰もが自分自身の過去の目的や
  信念体系などの〝奴隷〟に成り下がる

  しかし「死中に活を求めた」時、
  人は全ての理想や目的、すべての「斯くあるべし」から
  解き放たれる・・・ 彼はもはや過去の自分からすら自由なのだ

  そこに「人を殺す剣」ではなく「すべてを活かす剣」が可能になる

黒澤明監督の「雨上がる」 (1999)のような武士道を描いた作品とは
そういったことを語ろうとしているのではないか?

           ・・・・暴力からの解放、としての剣の道だ


↓全編がアップされたyoutubeにリンクしてます

このページのトップヘ