We are all own definition

OSHO(バグワン・シュリ・ラジニーシ)やBshar(バシャール)を中心に 日々感じたことの防備録です

すべてに仏性が宿っているのなら
ではなぜ人は修行するのか?

この問いから禅は始まった

仏性は達成すべきなにか?ではなく本性だということを
OSHOはよく
「海の中で暮らす魚は海について知り得ない」という喩えを使って説明した

本性であるが故に、そこに分離がなく
そして分離がないものは知覚しがたいというわけだ
それはまるで自分の額に置き忘れた眼鏡を探す様なモノだ

人は忘れ去ってしまったモノを「失った」と思い
そして必死に探そうとする、ところが探せば探す程・・・
必死に探す程、それは見つからない・・・

なぜ人は修行するのか?
なぜ「悟り」を「求める」のか?

改めてその「求める動機」を考えて見るならば
それは、「今の、この自分ではダメだ」と思っているからだ

では〝どの〟 自分ならイイのか?  〝どうなったら〟 イイのか?

実はその答えを、求める当の本人も知らない・・・、解らない・・・


闇雲に探しているわけだ

「忘れた」のだから、単に「思い出せば」いいはずだ・・・
ところが「思い出そうとする」だけで、額から脂汗が流れる・・・

「思い出そうとする」だけでそれは〝努力〟〝工夫〟であり
つまり
「思い出そうとする」ことには、もはや何かの〝動機〟が存在している

つまり「忘れている」ことが、もうオーケーじゃない、
         ・・・惨めで、不完全だ、っという訳だからだ
  だから
「額から脂汗を流して」「思い出そうとする」わけだ

そして期待する・・・、
いつか記憶を取り戻した「別の、生まれ変わった未来の自分」は
きっと素晴らしいに違いない、覚醒に目を輝かせているに違いない!
世界が新鮮に!、ファンタスティックに!輝いて見えるに違いない!

・・・そんな憶測、そんな期待、そんな希望が、ある

ところが、「忘れる」「思い出す」と言うこと自体がプロセスだ
そこには「はじまり」と「終わり」がある

「悟りに近づこうとする努力」
・・・その始まりがすでにワナなのだ
だから「自分は悟りに近づいている」というのもまたトリップだ

私たちは皆「思い出す」「思い出そうとする」という
プロセス(探求の旅)に取り憑かれた、憐れな瓶の中のガチョウだ

わたしたちは、また忘れるだろう、何度でも、何度でも・・・
ところが「忘れている」状態が、同時に「思い出している」状態でもあるのだ

忘れて、そして、思い出す
でも、その「そして」が余計なのかも知れない

ふと、ビル・エヴァンスの友人が
「彼の人生は緩慢な自殺の様だった」と回顧していた
言葉を思い出した。

XAT-1245653341

私は彼のピアノの一音一音に、(こんな明るい曲にすら・・・・)
「冷たい雨の降りしきる街頭をひたひたと歩いて行く」様な孤独を感じる



ある意味では、この曲もそうだ



このブログでは、何度も「孤独」について触れてきた・・・
そこには「単なる甘えの感情だよ」というだけでは片付けられない悲しみがある

〝覚醒〟とは何か?
〝覚醒〟すれば、人生の孤独は払拭できるというのか??・・・・

わたしはビル・エヴァンスの雨音の様なピアノの背後に、
ある種の「温もり」を・・・いや、「温もりを渇望する気持ち」を感じる

ビル・エヴァンスと言う人物が、
他人に対して心優しかったのか?冷淡だったのか?・・・それは知らないが
彼が感じていたであろう「冷たさ」の背後には、
きっと「温もりへの渇望」があったと思う

その「温もり」は、自分自身との出会いの中にしかない・・・
わたしにとっては、それが「覚醒とは何か?」という問いへの答えだ

それゆえに、覚醒によって見えてくる世界とは
集団自殺の断崖絶壁に向かって突進していく「欲望という名の電車」に
呆然と無表情で乗っている多くの人々だ・・・・

あなたは断言できるだろうか?「そんなはずはない」っと?

アメリカDCコミックの最も古いヒーロー「スーパーマン」では
その宿敵として天才科学者レックス・ルーサーと言うのが現れる

映画版のスーパーマンでは、
ジーン・ハックマンやケビン・スペイシーが
    小気味よくこの悪役を演じていた



で、一つ面白いポイント、なおかつ妙なリアリティーのある設定がある・・・
レックス・ルーサー本人は超天才なのだけれど、周囲の子分達や
情婦であるミス・ティッシュマーカーが揃いに揃ってトンマで大馬鹿なのだ

・・・そしてそのことがイヤミで高圧的、癇癪持ちな悪の主人公に
   コミカルで、どこか憎みきれないテイストをくわているのだ



  なぜこの設定が、見る者に何となく現実味を感じさせるのか?
  これがちょっと、長い間興味深かった・・・・

今朝その長年の疑問に対して、
ふっと仮説が湧いたのでここに書き留めておきたい

つまり、それはレックス・ルーサーが自分以外の人間を
みんな「愚民ども」と看做しているからじゃないだろうか?

それがまた彼を悪の帝王為らしめてもいる要素でもある
・・・つまり「俺は天才だ」という特権意識だ

   彼の、世界を破滅させかねない程の悪事への動機も
   その自負心から発しているところが大きいだろうと思う

彼程の〝事実〟天才が、なぜアタマの悪い子分共しか得られないのか?

・・・この点に関しては「類は友を呼ぶ」法則だけでは、
   ちょっと説明しがたい様に思う

「世界が自分の在り方の鏡だ」と言った場合、
その鏡に映った虚像(人間関係)は、単純に「似たもの同士」とは限らない
むしろ〝正反対〟である事の方が多いのではないだろうか?

鏡に映る自分の虚像とは、
 「そっくりそのまんま」・・・だけど「正反対」なのだ
  それは線対称だったり面対称だったり点対称だったり・・・

レックス・ルーサーも、その子分達が足を引っ張るが故に
スーパーマンをかなり追い詰めつつも、後一歩で彼の野望は挫かれる

・・・そんな風にして、また世界は無事に均衡(平和)を保っているのだ

もしこの、レックス・ルーサーを、
たとえば特権(エリート)意識に凝り固まった、
イルミナティーなどに当てはめたらどうなるだろうか?

もしかれらが、単なる思い上がりの集団であるならば
彼等の手下達も「バカばっかり」で足を引っ張っているかも知れない
実際凶悪な事件や戦争を起こすことに成功はしても、
「あと一歩」というところで
ある種の世界的なバランスが働いているのかも知れない

逆に、もしあなたが周囲の人間関係を
英知に溢れた人々であると看做せば、そういう人々だらけになるだろうし
愛情に溢れた人々であると看做せば、そういう人々だらけになるだろう

このページのトップヘ