We are all own definition

OSHO(バグワン・シュリ・ラジニーシ)やBshar(バシャール)を中心に 日々感じたことの防備録です

前投稿で書き切れなかったことを続けて追記。

岡田斗司夫氏は言う。
「笑いの本質は〝いじめ〟にある・・・」
「いじめる側が笑い、いじめられる側が(強制的に)笑わされる」

彼の指摘にはハッとした。
なるほど、ドリフのいかりや長介は「意地悪な上司」役が多いし、
そのシゴキをどうボケてかわすかがドリフの笑いそのものだ。

タモリやたけしも、ブラックなアイロニーの毒があってこその笑いだ。

確かに笑いの中核には嗜虐的な「毒」がある。
この毒の分量を間違えると、笑いは一転、人々の怒りを買うことがある。

でも
必ずしも〝いじめ〟が笑いの本質なのだいう言い方に素直に全面同意は出来ない。

OSHOは、サニヤシンからひとつの質問を受けた。
「あなたがエンライトメントした時、最初にしたことは何ですか?」

OSHOはこう答えている・・・「笑ったよ!」



なぜ?笑ったのか?その笑いはどこから来たのか?

・・・それは、絶対に失い様がない永遠の真実を、
   自分が必死に探していたが故に見つけられなかったことだ。

そのコメディー劇は、
「自分自身への〝いじめ〟だった」という言い方も出来るかも知れない。

しかし、
「ジョーカー」の物語はシリアスすぎる。
そしてシリアスのまま終わる。

チャンドラ・モハン(OSHOの幼名)は
決して自分自身を〝いじめ〟る目的で探求していた訳では無い。
彼は人一倍真剣で徹底していただろう。
その探求心の背後は「自己虐待」ではなく「自分自身への愛」だったはずだ。

それゆえの「大いなる遠回り」は、
必ずしも「遠回り」なのではなく、
やはり「最短コース」だったのでは無いだろうか?

でも同時に「決して自分自身を急かさない」という大事な要素も見える。
「エンライトメント」というゴールに一直線に猛ダッシュすることが、
必ずしも「最短、最速コース」なのではない。

ここにはイソップ童話の「ウサギとカメの競争」のような逆説が効いている。
つまり「急がば回れ」だ。

笑いには常に「逆説」的な要素、「意外性」が含まれている。
それが私たちをちょこちょこっ、とくすぐる。

一方向に対しての強いプレッシャー。
それが弾けて逆噴射した時、笑いが飛び出すのだ。

この「圧力」と「爆発」とが笑いという現象の要素なのじゃないだろうか?
〝いじめ〟というのは様々な「圧力」のなかの1種類に過ぎない。

でもいずれにしてもとても深刻な「闇」の要素が眩い「光」へと転じた時、
それこそが笑いの本質なのだとおもう。

   その時、私たちは清々しい。

    鬱々とした「闇」が「光」へと転じた時・・・

     そしてそれこそが「JOKER」→「浄化(じょうか)」となる。



わたしは岡田斗司夫の「ジョーカー評論」を見終わって、
安倍晋三とジョーカーとがだんだん重なってきた・・・





それは「母性への復讐」だ。

戦後教育が「父性の不在」な社会を作り上げてきたと言われて久しい。
それはカルト宗教による日本社会の乗っ取りと
日本社会の完全な破壊への衝動になっている様に思える。

現代の日本会議や統一教会だけでは無く、
幸福の科学やオウムも「人工的な父性原理」である。
それは故・野坂昭如氏も幸福の科学批判の際に指摘していた。

それらカルトの背後は皆、韓国、北朝鮮だ。
「母子関係の癒着による甘えの構造」が、
失われた「父性~自らの本音を貫く男性原理」を過度に刺激しているのだ。

これは日韓の関係だけにとどまらず、世界的な傾向だ。
「母性に骨抜きにされた冬彦さん」は、
世界を破滅させなければ復讐を遂げたとは言えない。

その代表選手が、「内閣総理大臣:安倍晋三」というマザコン男だ。

この母性原理と父性原理との極端な応酬合戦が、
デジタル情報技術による人々の画一化と分断化のファシズムを形成している
それはいま、全人類の削減計画へと向かっている。

「自分らしさ」を虐待された人間は自殺に向かうか?あるいは復讐に向かう。
(ある意味では自殺というのも復讐の一部なのだが・・・)

「自分らしく」生きられなくなったなら、
人はどうして生きている価値を見つけられるだろうか?
    ・・・・・それはまさしく、最大の生き地獄だ。

・・・そういう人間達は社会の破壊、全人類、全世界の破滅を希う。

そしてそれと同時に、自然現象も、そのような「破滅を願う人々」の
想いに叶った方向に動きやすくなる。

「自分らしさ」とは「内面的な自然」と同義語だからこそ、
それは外界の自然現象や社会現象ともシンクロしてくるのだ。

そういう意味でまさしく「ジョーカー」=安倍晋三政治とは、
この時代を正確に体現しているのだと想う。

本気で国民を殺しに来ている 〜 市民を守る義務を放棄する行政、
そして今この状況で社会保障費の削減を検討する安倍政権




ありきたりのものならば分かち合える、・・・誰とでも
でも本質的なことであればある程、それは誰とも共有し難い。

全く、誰とも共有し得ぬもの、それが私自身だ。
全く、何一つ妥協し得ぬ時、はじめてそれは私のエッセンスだと言える。
逆に言えば、誰とでも共有しやすければし易い程、
それは自分の本質から離れてしまっているのだろう。

もっとも分かち合う相手が誰も居ない時、
ゆいいつ分かち合う価値が、いまここにある。

     なんという皮肉なのか? なんというパラドックスなのか?。


このページのトップヘ